fc2ブログ

トップ記事です!

初めまして!マリオと申します。
よろしくお願いします!


このブログの内容を箇条書きしていくと、

・育成したポケモンの晒し(個体値、努力値配分、技etc.)
・対戦記録(ランダム対戦、ニコ生などでの大会)
・ポケモンに関する雑記
マリルリ大好き←ここ最重要


このような感じとなっております。
「いつもマリルリとともに」を掲げ、PT構築では常にマリルリを左上に配置して日々戦っております。
もちろん、マリルリの型は固定してるわけではなく、PTに合わせて変わります。

一応、マリルリの他にはキリキザン(ギャバン)、リザードンを好んで使う傾向にあります。
あと、使用するポケモンは断りがない限りはすべて♀で統一しています。


ポケモンXY・ORASでは主にシングルレーティングを嗜んでいます。
以下、シーズンごとの構築と最終レートおよび、そのリンクです。

ポケモンXY
シーズン1“実にリザードン”軸定数PT 最終レート2111
シーズン2“実にリザードン”軸PT改 最終レート2037
シーズン3“実にリザードン”軸PT改2 最終レート2008
シーズン4“実にリザードン”軸PT改3 最終レート1930
シーズン5鉢巻ホルード軸PT 最終レート2022
シーズン6鉢巻ホルード軸こころぴょんぴょんPT 最終レート2012

ポケモンORAS
シーズン7鉢巻ホルード軸PTORAS編 最終レート2002
シーズン8毒菱ガマギャバンPT 最終レート1927
シーズン9毒菱ジャロッフィPT 最終レート1906
シーズン10帰ってきた“実にリザードン”PT 最終レート1821
シーズン11実に3-2スタンPT 最終レート2007
シーズン12実に3-2スタンevo.PT 最終レート1796
シーズン13レートにスプーン曲げPT 最終レート1854
シーズン14実に3-2again 最終レート1931
シーズン15シーズン14の続き 最終レート2001
シーズン16実に3-2Final 最終レート1950
シーズン17実にスプーン曲げ(サブロム) 最終レート1841

ポケモンSM
シーズン1ラッタとアーカラの仲間達 最終レート1793
シーズン2“実にリザードン”2017 最終レート2008
シーズン3暴力テテフスタン(with実にリザードン) 最終レート2003
シーズン4暴力テテフスタン(with実に○○) 最終レート1809
シーズン5暴力テテフスタン迷 最終レート1634
シーズン6暴力テテフスタン散 最終レート1816

ポケモンUSM
シーズン7時代錯誤ツンデローブ 最終レート1912

公式大会 
爆速シングルバトル“実にリザードン”軸PT(カロス) 最終レート1735 24勝6敗
バトルオブホウエンバシャーモエース全抜き起点構築 最終レート1690 22勝8敗



以下のコミュニティにて生放送やってます!このブログで紹介した型、ブログではまだ紹介していない最新のポケ-モンなどを、実際どう動かしているかがわかると思います。






Twitterもやってますので、気軽にフォローしたってくださいwリフォローはきまぐれですが
ID:azmario_floorcl



※注意!※
このブログでは、「対戦・交換の募集」「相互リンク・ブロとも募集」は、申請の内容にもよりますが、基本的に無いものと思ってください。対戦や交換は、時間が合うことが大前提なので、生放送やらTwitterで声をかけてくれると助かります。すべてに応じることができるかわからない点はご了承ください。
スポンサーサイト



【ポケモンSV】ランクバトル シリーズ1 最終使用構築「ギャバンリターンズ」

ご無沙汰しています!マリオです!
ポケモンUSUMから剣盾をすっ飛ばして、SVにてようやく対戦に復帰ました!
これからは細々とポケモンやっていきますので、よろしくお願いします!


【成績】

シリーズ1に関しては、シーズン1、シーズン2、ともに50000位くらいで終わりました。
負けていた時は普通に勝敗も負け越していたので、テラスタルにまだ順応できてないように感じます。
あまり勝てませんでしたが、色んなポケモンを試すことが出来たので、とても楽しい2ヶ月でした。



【使用構築】

シリーズ1

基本選出などは無いのですが、相手にイルカマンやマスカーニャ、ドラパルトがいる時は初手にモトトカゲ(対マスカーニャでは後続にキラフロル)、それ以外の時はキラフロルを初手に置いておくことが多かったです。
後は、キノガッサ、キョジオーン、ドドゲザンのうちから2体もしくは1体選出がほとんどで、マリルリの選出はほとんどないです。

以下、個々のポケモンの詳細になります。

184R.png
マリルリ@こだわりハチマキ
特性:ちからもち
テラスタイプ:みず
性格:いじっぱり
実数値:188(100)-112(252)-100-×-100-90(156)
技:アクアブレイク じゃれつく ばかぢから アクアジェット

【調整】
S→4振りアーマーガア抜き抜き
H→余り


長年にわたり使い続けている腐れ縁の鉢巻マリルリ。
今作は環境に合わせてさらにスピードを上げて、ラウドボーンやアーマーガアも抜けるようにしました。
水テラスタル鉢巻アクアブレイクは、無振りのガブリアスを確定1発で倒すほどの威力。
今作ではイルカマンという、こいつよりもさらに威力の高い水技、先制技を打つポケモンも出ましたが、フェアリーが付いてる強みなどで何とか差別化を図っていけるのかなとは思います。

ただ、このPTではあまりに噛み合っていないため、選出頻度はどんどん落ちて、最終的にほとんど選出しなくなっていました。
環境の変化が速すぎる・・・剣盾をやっていない分、つくづくそう思いました。


286.png
キノガッサ@どくどくだま
特性:ポイズンヒール
テラスタイプ:みず
性格:わんぱく
実数値:161(204)-151(4)-123(92)-×-81(4)-116(204)
技:じならし キノコのほうし やどりぎのタネ みがわり

【調整】
H→8n+1(ポイズンヒール調整)
HB→A4振りヘイラッシャのウェーブタックルをみがわりが確定耐え
S→余り


天才ポケモン枠その1。
発売当初は久々に環境に入りそうな危険ポケモンという立ち位置だったキノガッサですが、ふたを開けてみたらサーフゴーやキョジオーン、そして草テラスタルであっさり胞子を透かされてしまうのもあり、要注意だけどあんまり見ないポケモンになってしまいました。

ただ、僕はたべのこしやくろいヘドロに頼らずとも回復できるポイズンヒールという特性に注目し、後述のどくびしと組み合わせることでやどみがで嵌め倒すのが強いんじゃないかという結論に至りました。
当初はヘイラッシャやドオーを起点に嵌めていく予定でしたが、物理耐久に厚く割いたおかげで、思ったよりもいろんな相手を嵌めることが出来ました。
どくびしを踏まない飛行タイプには胞子を打つことで安全に嵌めていきます。

天敵のサーフゴーへの最低限の打点を持ちたいため、1ウェポンは新規習得のじならしを採用。
テラスタイプはおまけではありますが、炎や氷を半減したいので、幅広く相手できそうな水にしています。
そもそも攻撃はあまりしないですが、想像以上の活躍をしてくれたように思います。


934.png
キョジオーン@オボンのみ
特性:きよめのしお
テラスタイプ:ゴースト
性格:しんちょう
実数値:207(252)-120-150-×-156(252)-56(4)
技:しおづけ じこさいせい
まもる みがわり

【調整】
特防特化


今作の大注目枠。
種族値計500とは思えない無駄の無さがすごいですね。

物理耐久は十分にあるので、幅広い相手を嵌めるために特防特化、たべのこしが持てないのでオボンのみを持たせています。
テラスタイプは、ミラーや対アーマーガアにてボディプレスを喰らわないためにゴースト。
技構成は、特殊受けとしてはテンプレートの4つにしています。やはりこれが強い。

元のタイプが岩単なので繰り出しづらい事、そもそも強いポケモンなので対策が厚く敷かれてるにもかかわらず、こいつを選出したいと思う試合が多く(特に対カイリューである程度強く出られるのが良い)、五臓六腑の活躍を見せてくれました。


967.png
モトトカゲ@こだわりスカーフ
特性:さいせいりょく
テラスタイプ:ドラゴン
性格:おくびょう
実数値:159(108)-×-85-137(252)-85-176(148)
技:りゅうせいぐん オーバーヒート とんぼがえり しっぽきり

【調整】
H→3n(さいせいりょく調整)
S→準速マスカーニャ抜き


僕がシーズン1の頃からずっと注目し続けていたポケモン。
キョジオーンとは打って変わって、種族値501とは思えないほど火力も耐久も微妙なポケモンです。

ドラゴンテラスタルをすることで、りゅうせいぐん無振りのイルカマン(ナイーブ)を62.5%でワンパンできます。
ひかえめだと確1取れるのですが、素早さラインは切れないので妥協。
素早さは補正をかけて、いじっぱりマスカーニャ抜きまで振ってあります。
こうすることで、環境に多いいじっぱりスカーフマスカーニャまで抜けるので、対マスカーニャなどで劇的に動きやすくなります。
なので、個人的には今は性格はS補正(おくびょうorようき)がいいんじゃないかなと思ってます。

なによりしっぽきり+さいせいりょくが強く、味方のポケモンすべてに身代わりをつけられるというのがいかに優秀かということを教えてくれました。
例として、しっぽきりして貯水ドオーにつなぐと、水ロトムからの打点がほぼほぼ無くなったりするうえ、トリックも効かないという堅牢な耐性を得ます。
その他、スカーフが少ないドラパルトを上からワンパンできたり、もっと評価されていいポケモンかと思います。


970.png
キラフロル@ゴツゴツメット
特性:どくげしょう
テラスタイプ:ひこう
性格:ずぶとい
実数値:190(252)-×-154(236)-151(4)-102(4)-108(12)
技:パワージェム ヘドロウェーブ だいちのちから ステルスロック

【調整】
B→11nで最大
S→余り


天才ポケモン枠その2。
こいつをシーズン終盤に思い付いたのが本当に惜しい。

とっても地面技を誘うポケモンなので、飛行テラスタルがよく刺さります。
地面以外のウェポンは接触技であることも多く、ゴツメに触れさせながらどくびしを撒いていくこともできます。
初手にミラーすることも多いのですが、1ターンこちらの方が猶予があることが多いので、構わず初手選出できるのも強いなと思いました。あと、思ったより硬い。

なにより、1体も持っていかなくても後続で嵌めればいいという感覚で雑に動かしても、そこそこの相手を倒してしまうハイスペックがすごいなと思いました。
PT単位で苦手なウルガモスにも、タイプ上かなり抗えるというのも大きな強みです。
サブウェポンは、対サーフゴーをはじめとしたどくびしが効かない相手に刺せるようにだいちのちからを採用しました。

耐久が高い割には火力も高く素早さもそこそこあるため、幅広い相手に選出していくことが出来ました。
初手置き以外でも、対マスカーニャにおける最後の削りなどもできるため、思ったより強い型でした。


983.png
ドドゲザン@たべのこし
特性:プレッシャー
テラスタイプ:あく
性格:いじっぱり
実数値:193(140)-187(116)-140-×-105-102(252)
技:ふいうち ローキック まもる みがわり

【調整】
H→16n+1(たべのこし調整)
S→準速
A→余り


XY時代に結果を残したみがまもプレッシャーキリキザン、通称「ギャバン」が進化して帰ってきました。
素早さが下がった代わりに、火力と耐久が大幅に上がったので、嵌められる相手も増えました。

技構成はこの4つで確定。
ローキックは補完に優れてる他、素早さ逆転してPPを枯らしに行けるのが何よりも強いです。
また、ローキックみがまもまで見た相手が、ふいうち無警戒で攻めてくるところを逆に狩れて、さらに身代わりが残った状態だと爆アドだったりするので、ふいうちも確定。
ドゲザンが無いのが地味に動きづらいですが、仕方ないです。
また、悪テラスタルすることで、ふいうちでガブリアスを乱2で落とせる火力が出るため、悪テラスタル推奨です。

基本はどくびしの効かないサーフゴーなどに出していき、みがまもでPPを枯らしに行く動きをしていきます。
今作、ヘイラッシャやキョジオーンなどが幅を利かせてるのもあり(何ならドドゲザンに対して嬉々として出てくる)、出せる相手は思ったより多かったです。
ドドゲザンミラーにおいても、ほぼほぼ上を取ってローキック2発で沈められるため、強気で選出できます。

何だかんだ縁のあるギャバンなので、どうしてもこいつ軸でPT組みたかったのですが、普通に強かったので個人的に満足です。
今後もいっぱい使っていきたいなと思ってます。


【今後のシリーズについて】

パラドックスポケモンが解禁ということですが、僕の中ではイダイナキバがとても熱いなと思っています。
チョッキとかで使った時にタイマン性能が鬼のように高そう。
あとは、テツノツツミとかテツノドクガ何かが強そうだなーと思ってますが、どいつもこいつも一癖二癖くらいあるので、使いこなすにはまた時間がかかりそうです。
何なら、今までのポケモンもいつも通り使えそうなので、しばらくこのPTを使っていくのもありかなと思ってます。

ということで、久々の記事投稿でした!
また不定期に投稿していこうと思います!

【ポケモンUSUM】レーティングバトル シングル 最終使用構築

明日をもって、ポケモングローバルリンクが閉じ、USUMのレーティングバトルができなくなってしまうので、最後に使っていたPTを備忘録的な意味で載せようと思いました。

最後のシーズンの最終PT、最終レートはこちら。

7世代PT
7世代最終

実はポケモンから離れている間も、何シーズンか細々とレートには潜っていたのですが、1700を超えたのは今のシーズンだけでした。
本当に最後の最後にこのPTで納得したのだけが心残りです。
個人的にとっても使いやすいPTに仕上がったので。

以下、PTの詳細を紹介していきます。

まりるり

【調整】
H→16n-1
A→ぶっぱ
S→余り(無振り60~65族付近の上を取るため)


僕が7世代で唯一信頼していたマリルリ。
サイコフィールドの存在でアクアジェットでの抜き性能が落ちたけれども、逆に鉢巻での崩しと言うのはやりやすくなったように思い、この世代ではずっとこの型で使っていた。
ばかぢからはポリゴン2やナットレイに打つために必須。


くわがのん

【調整】
C→めざめるパワー氷で無振りガブリアス確1
H→奇数で最大
D→余り


様々な相手に対し、一発耐えてから後攻ボルトチェンジで有利対面を作れるので、先発適性が高い。
特に、ゲッコウガに安定して強いと言えるのは特筆すべき点で、電気を止めるポケモンに対しても、むしのさざめきでそれなりに大きな打点を持てるのも良い。
チョッキを持っているため、実は対カプ・コケコはほぼ有利対面。


ぷてら

【調整】
(メガシンカ後想定)
HB→いじっぱりパルシェンのA+2こおりのつぶて耐え
S→ひかえめS252カプ・テテフ@こだわりスカーフ抜き
A→余り


メガボーマンダ、メガリザードンの両方に強い稀有なポケモン。
また、(最終手段だが)圧倒的なスピードから3割の怯みゲーを押し付ける。
基本的に技の威力が低いので、終盤のスイーパーとしては力不足。
それでも岩技はがんせきふうじが偉いので、このままで良かったと思う。


ぎるがるど

【調整】
A→11n
BD→ダウンロード対策でB<D
S→無振り60族付近の上を取るため
H→余り


今世代が強すぎたがゆえに、8世代で攻撃防御共に削られてしまったポケモン。
カプ、メタグロス、ボーマンダ、ポリゴン2等のほか、受け系統のPTを破壊するために採用。
ドヒドイデにまともな有効打を持ちたいので、アイアンヘッドではなくシャドークローを採用。
積まないと一切信用できない火力なのが玉に瑕。


がおがえん

【調整】
HB→いじっぱりミミッキュのA+1ぽかぼかフレンドタイム耐え
D→余り


対ミミッキュに特化したガオガエン。
これだけ振れば、大概の弱点物理技でも耐えるので、先発に困っていて、相手に物理が多いなと思った時は、先発で出すことも多かったし、それが強い場面がなかなか多かった。
火力は振っていないが、フレアドライブは威力が高いので、意外と負荷はかかる。
また、フレアドライブで強引に木の実圏内に入れる動きも割とあった。


がぶりあす

【調整】
ASぶっぱ、余りB


ボルトチェンジを透かせる枠がいなかったので採用。
汎用性が落ちるが、受け系統のPTを破壊できるようにした。
何だかんだ、種族値バランスが最強のポケモンは最強だった。
リザードンに強かったり、ランドロスにあまりひるまずに動けるのが良かった。












8世代は、
・スイッチを持っていない
・故にポケモンも持っていない
・貯金が少ない
・故にネットの月額料金もケチりたい
ので、少なくとも今はやっていません。

データだけチェックしている毎日なので、いつかはやりたいのですが、その時は是非対戦したいなと思っておりますので、皆様よろしくお願いします。
それでは、久々のブログ更新で生存報告でした。

【ポケモンUSUM】シングルレートのあれ

お久しぶりです。
スイッチを持っていないので、シコシコUSUMのレートで遊んでいるのですが、もうすぐPGLもとじちゃうみたいですね。
というわけで、備忘録的にPTメモでも載せておきます。


184 (1)
マリルリ@こだわりハチマキ
ちからもち
いじっぱり
191(124)-112(252)-100-×-100-87(132)
アクアブレイク アクアジェット ばかぢから じゃれつく

【調整】
H:16n-1
S:余り(60族付近を大体抜けるライン)

ギャラドスを後投げから処理する枠。
そのほか、バシャーモ、ウルガモス、ドリュウズ等をアクアジェットでワンパンできる貴重な枠。
こだわっているので、出来る限り一貫する技を選択していくが、強引に半減で受けられてしまうと動きに困る。
ばかぢからは、対ポリゴン2、ナットレイなどに必要。


777.png
トゲデマル@きあいのタスキ
ひらいしん
ようき
141(4)-150(252)-83-×-93-162(252)
びりびりちくちく アイアンヘッド ほっぺすりすり がむしゃら

【調整】
ASぶっぱ

ゲッコウガ、カプ神、ミミッキュなどに強く出られる方の電気無効電気枠。
特性はがんじょうでも良かったが、カプ・コケコに強く出たかったため、ひらいしんでタスキを持たせた。
困った時のほっぺすりすりで、他のポケモンをサポートすることもできる。
ボルトロスと違って、地面タイプに弱すぎるのがアレだが、最終兵器がむしゃらで後続のサポートをしたりする。
たまにとんぼがえりが欲しい。


142-m.png
プテラ@プテラナイト
プレッシャー→かたいツメ
ようき
155-150(196)-94(68)-×-95-199(244)
→155-180-114-×-115-221
がんせきふうじ アイアンヘッド こおりのキバ じしん

【調整】
B:A134パルシェンのA2↑こおりのつぶて耐え
S:準速スカーフカプ・テテフ抜き
A:余り

対ボーマンダ、ランドロス、リザードン、アーゴヨン等への最強の兵器。
1舞メガバンギラスよりも速かったり、準速スカーフランドロス、カプ・テテフなどよりも速かったりするので、困った時の打点確保として雑に選出することもある。
ただ、相手にそういうポケモンがいた場合、選出を強要されることが多く、逆に周りのポケモンに対して窮屈になりがち。


681-b.png
ギルガルド@ラムのみ
バトルスイッチ
いじっぱり
163(220)-110(236)-171(4)-×-172(12)-85(36)
→163-220-71-×-72-85
シャドークロー せいなるつるぎ かげうち つるぎのまい

【調整】
BD:ダウンロード対策
A:11n
S:60族付近意識
H:余り

ポリゴン2、ナットレイ、メタグロス等、役割対象を上げれば枚挙にいとまがない。
対面キノガッサを確実に処理したいがためのラムのみ持ち。
はじめはぼうじんゴーグルを持っていたが、ラムのみにすることによって、あくび連打やねっとう火傷期待のポケモンを起点に全抜きすることができる。
ドヒドイデや電気タイプにしっかりした打点を持ちたいため、アイアンヘッドではなくシャドークローを採用。


727.png
ガオガエン@イアのみ
いかく
わんぱく
202(252)-135-148(196)-×-118(60)-80
フレアドライブ はたきおとす おにび とんぼがえり

【調整】
HB:A156ミミッキュのA1↑ぽかぼかフレンドタイム耐え
D:余り

弱点以外の対物理へのクッション。
特に対ミミッキュ、ナットレイ、カミツルギ、クチート、メタグロス等、出したいと思う相手は非常に多い。
そして、それに対して出てくるランドロスやガブリアスなどの物理地面に対して、おにびの刺さりがとても良い。
ただ、多くのPTにいるカプ・レヒレに対して非常に相性が悪いため、立ち回りは慎重に。


642-s.png
ボルトロス霊@デンキZ
ちくでん
おくびょう
175(164)-×-90-177(92)-100-168(252)
10まんボルト めざめるパワー(氷) ちょうはつ ボルトチェンジ

【調整】
H:16n-1
C:余り

カバルドン、ランドロス、ボーマンダなどに強く出られる方の電気無効電気枠。
元々半分回復きのみを持っていたが、瞬間火力でとどめを刺したい場面も多かったため(S上がってないリザードンやガルーラ、HP半分くらいのポリゴン2等)、デンキZを持たせた。













ちまちまやっていくので、当たった方はよろしくお願いします。

【ポケモンUSUM】WCSウルトラルールメモ

あまりに久々にブログ触ったら、ポケモン紹介のテンプレートすら思い出せなかった。
どうも元ポケ勢のマリオです。お久しぶりです。

最近は歌の活動をメインにしながら、たまーにポケモンで遊んでいます。
前シーズンのシングルレートは最終1672くらいです。
近頃はもっぱらWCSウルトラルールが楽しそうだと思ってPT組んでいます。

ということで、備忘録として、PTの紹介を。
環境把握とかそんなものは一切ないので、暖かい目で見てください。



026.png
ライチュウ@とつげきチョッキ
ひらいしん
おくびょう
143(60)-×-76(4)-111(4)-124(188)-178(252)
ボルトチェンジ ほっぺすりすり ねこだまし くさむすび


HDはひかえめカイオーガのダブル雨しおふき耐え。
Sはカミツルギ意識で最速。
くさむすびの枠は一考の余地あり。
水から地面に引かれた際に一貫するのでとりあえずこれに。


395.png
エンペルト@たべのこし
げきりゅう
おだやか
191(252)-×-108-131-168(252)-81(4)
ラスターカノン こごえるかぜ あくび まもる


ゼルネアス、カプ・テテフ、カイオーガ、ディアルガ等に耐性がありつつあくびを入れられる。
また、それらに対しこごえるかぜでS操作をして、イベルタルやレックウザを通す。
水の通りが悪く、フェアリーに速やかに遂行したいのでウェポンはラスターカノン。
カイオーガのかみなりやカプ・コケコに対してはライチュウでケア。


727.png
ガオガエン@イアのみ
いかく
いじっぱり
202(252)-154(36)-120(76)--128(140)-81(4)
フレアドライブ DDラリアット ねこだまし とんぼがえり


いかく+ねこだましってだけで便利なポケモン。
HDはカプ・コケコのZ10まんボルト耐え(シングルの流用)。
良い調整あったら教えてください。
DDラリアットなのは、はたきおとすが通りづらいと考えたため。
イベルタルと組ませるとDDラリアットも案外バカにならない火力が出る。


805.png
ツンデツンデ@ぼうじんゴーグル
ビーストブースト
ゆうかん
168(252)-201(252)-232(4)-×-121-16
ジャイロボール いわなだれ トリックルーム まもる


対ゼルネアス最終兵器。
ただし、トリルエースが自身のみのため、選出は控えめになる。
グラードンに弱い他、鋼タイプにも打点が乏しい。
持ち物もよくわからない。シュカのみとかイワZとかでもいい気はする。


384-m.png
レックウザ@きあいのタスキ
エアロック→デルタストリーム
ようき
181(4)-202(252)-110-×-110-161(252)
→181-232-120-×-120-183
ガリョウテンセイ しんそく つるぎのまい まもる


最強の種族値の持ち主。
剣舞ガリョウテンセイでグラードンを吹き飛ばし、トリル張られようとお構いなしに剣舞神速で縛る。
カプ・テテフ(+ゼルネアス等)が苦手。
イベルタルとともに物理型なので、威嚇に弱いのが難点だが、剣舞でカバー。
意外ときあいのタスキが重要な場面が少ないので、いのちのたま持たせてもいいかもしれない。


717.png
イベルタル@アクZ
ダークオーラ
ようき
201-183(252)-116(4)-×-118-166(252)
はたきおとす イカサマ ふいうち まもる


アローラの禁伝全員に強いうえ、グラードンやボーマンダにイカサマの打点持てるのえらい。
困ったらZイカサマですべて消し飛ばす。
スカーフカイオーガに対して、ふいうちでごそっと打点を落とせる。
ついでにレックウザと組ませることで、弱点が減る。
よりにもよってガオガエンに打点が乏しい。



結局のところ、どんな調整がメジャーとかよくわからないので、僕なりに考えてみました。
今はWCSルールでこのポケモンたちが使えないので、もっぱらダブルフリーで遊んでいます。
エンペルトが思いのほか楽しいです。あとイベルタルは超強いです。

もしあれだったら、アドバイスもツイッター(@azmario_floorcl)の方に頂けると嬉しいです。
というわけで、久々のポケモン報告でした。
プロフィール

マリオ

Author:マリオ
マリルリをこよなく愛するマリオと申します。
よろしければゆっくり見ていってくださいね!

ともだちコード(3DS):4957-2880-1818

【年齢】
30代

【ポケモンはいつから?】
初代からずっとやってます。

【お気に入りポケモン】
マリルリ
サーナイト
メガリザードンX
ホルード

【好きな特性】
プレッシャー
(有効打もPPなくなってしまえばこっちのモノ!)

【嫌いな特性】
○○スキン
(あの謎の威力補正は何ですかね)

【好きなポケモンプレイヤー】
ブーシャヤンスタパサーさん
(定数ダメおじさん)
かめさん
(ノオーカバアローの人)
パワッチョさん
(全抜きの人)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

気ままにポケモン日記

Buccinum′s territory

自称『とりつかい』の日々。

遥か彼方 ~too late for chocolate?~

イカぽ弁当

霊パ怨念日記

Biscuit & Wafer

なわぱんだのポケモンブログ

にんじんはポケモンと歩む

ポケモン厨(o ゝω・)b

wake up したいブログ

あの子の特性、きもったまらしい!

ポケモンBW2 ♀統一 ランダム紀行 ヒナギクのブログ

ととののんきなポケモン日誌

よすブレロ

ガチ勢になりきれないシングルレートXY+パズドラ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ポケモンブログランキング
ポケモン・攻略ブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR