スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Harvest 8th 使用構築 「時代錯誤ツンデローブ改」

Harvestに参加してきました。
今回が最後ということで大変さみしく思いますが、主催の平野が落ちたさんをはじめ、色々な方と対戦できたこと、対戦ジャンキーとして大変うれしく思います。
何よりも、BWの頃にファンだったフォルさんに出会えたのが感激でした。


【最終結果】

レート→最終1854

Harvest→島袋ブロック3勝4敗予選落ち


結果はイマイチ振るいませんでしたが、対戦は楽しくできたのと、まだまだ立ち回りに改善の余地があるということを学んだことは収穫でした。まさにHarvest。

今回の記事は、中身の詳細に加え、僕が何を考えて選出してるかも記しておきます。


【PT個別紹介】

S8最終

ほとんどのポケモンが過去記事でも紹介しているが、あらためて書いておく。


184 (1)
マリルリ@こだわりハチマキ
ちからもち
いじっぱり
191(124)-112(252)-100-×-100-87(132)
アクアブレイク アクアジェット ばかぢから じゃれつく


〔調整〕
H:16n-1
S:余り(60族付近意識)

〔解説〕
「いつもの」一番信頼しているマリルリ。
こう見えて、このPTで2番目にSが速い(全体的に遅すぎる)。
マリルリミラーではほぼほぼスピード負けしない。

水技は諸説あるが、結局のところ威力が高いアクアブレイクに落ち着いている。
そして、可能な限りはトリルエース時はアクアブレイクを選択している。
じゃれつくは命中率的な問題であんまり信用していない。

覚えておいて損が無い与ダメージ感覚としては、

・アクアブレイクで無振りカプ・コケコが確定1発
・(いかく無し)じゃれつくで無振りギャラドスが確定1発
・ばかぢからでH252ポリゴン2@しんかのきせきが乱数1発(75%)
・アクアジェットで無振りメガバシャーモが高乱数1発(93.8%)

あたりか。要は対ギャラドスは後投げから(ヒコウZ以外は)大体倒せる。


738.png
クワガノン@とつげきチョッキ
ふゆう
ひかえめ
183(244)-×-110-213(228)-100(36)-63
10まんボルト むしのさざめき めざめるパワー(氷) ボルトチェンジ


〔調整〕
C:めざめるパワー氷で無振りガブリアスが確定1発
H:4n-1(ステルスロックのダメージを考慮)
D:余り(チョッキ効率考慮の偶数。控えめカプ・テテフのサイコキネシス@メガネが確定2発)

〔解説〕
ほとんどのポケモンの攻撃を一発耐えて後続につなぐことができる最強の先発。
このPTで唯一ゲッコウガにタイマンで勝てる可能性が高いポケモン。

火力強化アイテムを持っていないため、トリルアタッカーとしてはいささか火力不足。
特定の場合を除き(下記参照)、初手の様子見で使うのが一番良いと思う。
具体的な火力の参考としては、ボルトチェンジ+10まんボルトでメガメタグロスが落ちるくらい。


534 (1)
ローブシン@かえんだま
こんじょう
いじっぱり
191(84)-210(244)-138(180)-×-85-65
ドレインパンチ マッハパンチ れいとうパンチ からげんき


〔調整〕
H:16n-1
A:根性効率考慮の偶数で最大
B:余り(陽気ランドロス霊のじしんが最高乱数以外3発)

〔解説〕
5世代ですべてを破壊してきた焼けブシン。
からげんきの火力は、HBドヒドイデを高乱数2発で沈めるほど。

基本的にはトリックルーム下のエースとしての仕事になる。
相手のフェアリーは基本的には選出の妨げにならない(ゴーストタイプの方が苦手)。
有利ポケモンに後投げ→からげんきでフェアリーポケモンが致命傷を負う。

見せ合いでは判別しづらいが、カバルドンが初手の起点作りっぽく見えたら選出する。
あくびループを止められるのと、基本的にれいとうパンチが(ボーマンダに)一貫するのが良い。
HBカバルドン@ゴツゴツメットには天地がひっくり返っても勝てない。


727.png
ガオガエン@イアのみ
いかく
わんぱく
202(252)-135-148(196)-×-118(60)-80
フレアドライブ はたきおとす おにび とんぼがえり


〔調整〕
B:意地っ張りミミッキュのA1↑ミミッキュZが確定2発
D:余り(参考:C222メガゲンガーのきあいだまが最高乱数以外2発)

〔解説〕
単体記事を書きましたのでそちらもどうぞ→【単体紹介】クッションガオガエン

どうしても使いたくて採用したポケモン。
いかく+とんぼがえりができるポケモンの中では物理も特殊も一番硬い。

今回は、ツンデツンデが選出できない時の対ミミッキュのクッションができるように調整した。
後出し→おにび→とんぼがえりの流れで後続を割と安全に繰り出せる。
火力に関しては、無振りなので想像以上に弱い。
なので、炎技はある程度火力の確保できるフレアドライブを採用している。
また、絶妙にきのみが発動しないHPまで削られた時に、フレアドライブの反動できのみ圏内に強引に押し込むこともできる(狙ってできるわけではないが、思いのほか使う)。


805.png
ツンデツンデ@シュカのみ
ビーストブースト
ゆうかん
168(252)-201(252)-232(4)-×-121-16
ジャイロボール ストーンエッジ じしん トリックルーム


〔調整〕
HAぶっぱ
S:最遅

〔解説〕
最強のジャイロボーラー。その威力は、

ツンデツンデの最大火力ジャイロボール
≒メガボーマンダのすてみタックル
≒マリルリのアクアブレイク@こだわりハチマキ
≒ローブシンのからげんき(こんじょう)


となる。要はカプ・コケコくらいなら確定1発。
(本当についでだが、火力が近いのでダメージ感覚が共有できる)

舞ったボーマンダ等に対しても安全にトリックルームを張れるように、バンジのみ→シュカのみに変更(レートにおいて、交代際に舞われたら終了みたいなパターンが割と多くあったため)。
耐久の参考としては、A2↑じしんまでなら耐えることができる。


445.png
ガブリアス@ドラゴンZ
さめはだ
ようき
183-182(252)-116(4)-×-105-169(252)
げきりん じしん つるぎのまい みがわり


〔調整〕
ASぶっぱ

〔解説〕
5世代、6世代最強のトップメタ。

PT全体がギルガルドや催眠の耐性を持っていないので、こいつでごまかしながら戦う。
対キノガッサは、
みがわり→ドラゴンZ→じしん
で倒すことができるが、最近は初手からタネマシンガンを打たれることもままある。

また、リザードンに対しての強い抑止力として働く。
偶発対面時はほぼほぼリザードンが退くため、つるぎのまいを選択し、後ろにいるだろうカバルドンを突破する準備をすることもよくある(居座ってくるリザードンは嫌い)。




【選出と立ち回り】

・基本選出について

基本的には、

738 (1)or727 (1)or445 (1)(先発の崩し)

805 (1)(トリックルーム起動)

184.pngor534.png(トリックルーム下のエース)

という選出になる。

・先発選びの基準

738 (1)→ゲッコウガやカプ・レヒレ等が目立つ場合。
727 (1)→おにびの通りが良い&後々いかくクッションとして使えそうな場合。
445 (1)→キノガッサやギルガルド、リザードンが辛いと思った場合。

ガオガエンが特にポケモンを指定していないので一番選出しそうであるが、実際のところは、よほどのことが無い限りはクワガノンを出すことが多い。

・ツンデツンデ

805 (1)
役割対象としてはミミッキュやカプをはじめとしたフェアリー、ボーマンダ、メタグロス等。
それらがいないPTはほぼほぼ存在しない(特にミミッキュ)ので、基本的にはほぼ絶対選出。
トリックルーム展開が必要なく、上記のポケモンが他で何とかなる場合に限り選出しないくらい。
特に書いていないが、当然トリックルーム下のエースとしても動く。

・トリックルームエースの基準

184.png→カプ・レヒレやゴーストタイプ(特にミミッキュ、ギルガルド、ゲンガー)が目立つ場合。
534.png→からげんきが一貫しそうな場合(雑)。

基本的にはローブシンの方が打ち分けできるので出していきたい。
ただ、そううまくローブシンが綺麗に通ることは少ないので、マリルリとの選出率は半々。

ただしひとつだけ例外があり、
クレセリアがいた場合は738 (1)を大事にとっておいてエースにする。
今のご時世、クレセリアが少ないとはいえ、マリルリやローブシンでは突破できないので厄介。
なので、エースを738 (1)、初手を445 (1)にすると一番きれいになる。


・対受けループ、受けサイクルに対する選出

トリックルームをする必要が無く、物理受けを崩せないため、805 (1)184.pngの選出は無い。

738 (1)(ドヒドイデやエアームドへの打点)

534.png(物理受けの崩し)

445 (1)(ラッキー+ドヒドイデへの崩し)

となることがほとんど。
基本的にはクワガノンとローブシンで削りつつ、頃合いを見てガブリアスで舞って全抜き。
ただし、vsカプ・ブルル入りの受けサイクルはガブリアスが通しづらいので、
727 (1)をクッションしながら道具を落として、クワガノンとローブシンでゆっくり倒していく。


・その他、ツンデツンデの通りが悪い時の選出

大体そういった場合は727 (1)のおにびの通りが良いことが多いので、

738 (1)or445 (1)(様子見に向いてるポケモン)

727 (1)(対ミミッキュ、ギルガルド、カミツルギ等&クッション)

184.pngor738 (1)or534.pngor445 (1)(どのポケモンに強くしたいかで柔軟に)

となる。
一つの例としては、「リザードンがいるのでガブリアスを出したいが、カプ・レヒレやゲッコウガもいるために、クワガノンで様子見しないと隙が生まれる」場合は、

738 (1)727 (1)445 (1)

という選出になる。

こういった選出をせざるを得ない場合、トリックルーム+エースというわかりやすい勝ち筋を用意できないという弱点を抱えることになるので、立ち回りはとても慎重に行かなければならない。


【苦手な構築】

基本的に立ち回り依存のため、苦手と感じる構築は多いが、特に辛いものを紹介。

・雨パ

特に「ペリッパー+ラグラージ」の構築が辛い。
ラグラージを倒す手段が基本的に184.pngのアクアブレイク(雨下で確1)orアクアジェット(雨下で確2)しかないため、消耗せずに大事にとっておかなければならない。
また、ペリッパーがきあいのタスキ持ちだった場合、

445 (1)の攻撃では落ちず、返しのれいとうビームで返り討ちにあって後々辛い
738 (1)から入る場合、とんぼがえり→ラグラージがちらつき、立ち回りが安定しない

等の理由で、どうやってペースをつかんでいけばいいのかわからない。

・カバルドン絡みの構築

とにかく805 (1)があっさり止まってしまうのが辛い。
それに加え、184.pngを出してもあくびで流されたり、だからといって534.pngだと、たとえカバルドンが防御特化していた場合に突破が不可能になるため、選出段階で見極めるしかない。

ちなみに
カバマンダガルド構築だった場合は727 (1)805 (1)534.png
カバリザ構築だった場合は445 (1)805 (1)534.png

の選出をすることが多い。
周りのポケモンによってはエースを184.pngに変更したりもする。



PTのQRも公開してるので、ぜひ使ってみてください。
たぶん使いづらいと思います。
https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-4F77-A599


【終わりに】

HarvestのKPは昔から歪んでいることが多かったが、それは今回も例外ではなく、ブロック内のKPがミミッキュ0、ガブリアス3、ツンデツンデ2と大変歪んでいました。
ミミッキュメタが不発に終わりましたが、らしいといえばらしいKPで安心しました。

このPTはまだまだ使い続ける予定ですが、特に書くしておく要素も無いので公開しました。
今シーズンのレートも頑張っていこうと思います。それでは!
スポンサーサイト

ウルトラサン・ムーン シングルレートシーズン8 「ツンデローブ改」簡易メモ

ほぼほぼシーズン7の並びと同じですが、シーズン終了直前に解禁された「特性がいかくのガオガエン」をどうしても使いたかったので入れてみました。
結果的にリザードンがリストラされ、メガシンカがいなくなりました。

184 (1)738.png
534 (1)727.png
805.png445.png


【ガオガエン以外】

シーズン7記事(http://azmario226.blog.fc2.com/blog-entry-221.html)の物と一緒

【ガオガエン】

技構成、努力値共に実験中。解禁されたてで良い調整がわからない。
今公開できるのは、特性がいかくであることくらい。

【レート】

この記事を書いている時点で1850くらい。
ガオガエンの実験の割には良い感じかと思う。




小規模対戦会Harvesthttp://blog.livedoor.jp/pasaphoria/archives/74694330.html)に参加する予定でいるので、オフが終わり次第ガオガエンの方も公開していこうと思います。
なので、今回は簡易メモのような形で許してください。お疲れ様でした。

ウルトラサン・ムーン シングルレートシーズン7 最終使用構築 「時代錯誤ツンデローブ」

【はじめに】

皆様ウルトラサン・ムーンは楽しんでますでしょうか。
僕は今までと変わらず好き放題楽しんでいます。
今季もレーティングバトルをたくさんしました。
対戦した皆様、ありがとうございました。

今季の初めの方は新顔「アーゴヨン」の性能に惹かれ、暴力テテフPTに突っ込んで回していたのですが、思ったよりもうまくいかなかったので、もう一匹の新顔「ツンデツンデ」を軸に組んでみました。
そして何を血迷ったか、時代を間違えたのか、5世代のキングである「ローブシン@かえんだまを今使ったら面白いのでは?と考えて組んだのが今回の「時代錯誤ツンデローブ」という構築です。


【最高・最終レート】

最高S7
最高レートは1954まで上がりました。
普段の僕とは違う傾向のPTでここまで行けたのは素直にうれしいです。
が、やっぱり2000に乗りたかったです。行けそうだっただけに悔しいです。

最終レートは1912

S7最終SM

とりあえずキリ良く1900には乗せることができたので良かったです。
今後のシーズンでもう少し立ち回り、構築を練っていけたらなって思います。


【PT詳細】

まりるり

いじっぱり
191(124)-112(252)-100-×-100-87(132)


〔調整〕
H:16n-1(定数ダメージ最少)
S:余り(60族付近意識)


普段から愛用している鉢巻マリルリ。
色々な道具が選択肢に上がるものの、個人的には一番強い道具だと思っている。

今回は普段と同じようにバシャーモやドリュウズ、ウルガモス、ポリゴン2等へのメタという役割の他、トリックルーム下のエースという役割も増えた。
エースとしては大体ローブシンとの選択になるが、カバルドンやカプ・レヒレ、ギルガルド、マリルリミラーなどが重く感じた場合はこちらを選択することが多い。


くわがのん

ひかえめ
183(244)-×-110-213(228)-100(36)-63


〔調整〕
H:8n-1(一部の定数ダメージ最少)
C:めざめるパワー氷で無振りガブリアス確1
D:余り(C200カプ・テテフの眼鏡サイコキネシス耐え、2nでチョッキの効率考慮)


「ローブシンを無償で火傷状態にするにはどうしたらいいか」と考えた結果、後攻とんぼがえり&ボルトチェンジからつなぐのが一番丸いという結論が出たため、クワガノンを採用。

チョッキを持たせているため、物理のタイプ一致弱点以外は大半の攻撃を耐えることができるため(リザードンYのかえんほうしゃは除く)、先発に出すことが非常に多かった。
基本的には後攻ボルトチェンジで削り、後続を無償降臨させるといった動きになる。
稀にトリックルーム下のエースで動くこともあるが、トリックルーム張る頃には大概やられている。
もし相手にクレセリアがいる場合は、エースとして大事に残しておいた方が良い。


ろーぶしん

いじっぱり
191(84)-210(244)-138(180)-×-85-65


〔調整〕
H:16n-1(定数ダメージ最少)
A:2n(特性こんじょうの効率考慮)
B:余り


最も時代錯誤な生き物。
根性からげんきの火力はHBドヒドイデを高乱数2発で落とす程の火力。
カプ・コケコくらいなら問答無用で確定1発に持っていける。

クワガノンの後攻ボルトチェンジから繰り出すことで安全に火炎玉を発動させることができるため、ほとんどの場合はクワガノンローブシンの選出はセットとなっている。
さらに、自分から火傷になることであくびへの耐性が付くため、あくびループの展開に対しては、(たとえ相手がカバルドンであろうとも)積極的に選出することが多かった。
エースとしてはマリルリとの選択になることが多いが、こちらは「こだわることがマイナスになると判断した場合」や、催眠などへの耐性をつけたい場合に選出する。

ガブリアスやガルーラと普通に打ち合いたいため、ABベースの配分となった。
元々4振り50族抜き調整もしていたが、それでも抜かれることが多く、Sは無振りに戻した。


りざーどん

ようき
175(172)-104-117(148)-×-105-158(188)
→175-150-150-×-105-158


〔調整〕
H:16n-1(定数ダメージ最少)
S:最速91族(ランドロス霊)抜き
B:余り


「メガシンカエースがいるよ!」とアピールするための枠。
ツンデツンデが選出できない時のミミッキュ対策も兼ねて、リザードンの採用になった。

割とよく見たコケコランドグロスの並びに対して、1体で負荷をかけることができるのは大きな利点。
対ゲッコウガに関しては、水Zの存在などから安定しなくなったため、クワガノンに任せる方が丸い。
また、PTがどうしてもリザードンが重くなるため、選出枠に余裕があるのであれば、リザードンへの後投げの駒として選出することもある(Yだったらそのまま相手、Xだったらツンデツンデの起点にする)。

ガブリアスの数も少なくなり、対ガブリアスをそこまで意識する必要が無くなったのと、ランドロスをしっかりと見てほしいために、Aに割いていた努力値を全部Bに振りなおした。
特に調整を直してから火力で困る場面は無かったため、これで良いと思う。

技構成は古の鬼羽型だが、フレアドライブやじしんの採用価値は十二分にあると思う。
特にヒードランは重くなりがちなので、技を変えても良かったかもしれない。


つんでつんで

ゆうかん
168(252)-201(252)-232(4)-×-121-16


〔調整〕
HAぶっぱ
S:最遅


今作が初登場のウルトラビースト。
レジロックに鋼タイプを付けて、Sを捨ててさらに物理方面に特化したような種族値をしている。

自身でトリックルーム+ジャイロボールをできる稀有なポケモン。
ジャイロボールの火力はナットレイとは比較にならず、持ち前のSの遅さもあって、無振り76族(ニドクイン)以上の相手に対して最大威力のジャイロボールをぶっぱなすことができる。
最大威力のジャイロボールの火力の目安としては、特化メガボーマンダのすてみタックルと同じくらいだと思ってくれると、その凄さがわかりやすいと思う。
また、技の威力に関しては、じしん(100)の1.5倍がストーンエッジ(150)で、そのさらに1.5倍がジャイロボール(225)となっていて、非常に覚えやすいのが特徴。

また、自身がエースになれるのも含め、トリックルームでの切り返しができるという点が素晴らしい。
遅めなマリルリ、クワガノン、ローブシンをトリックルーム下のエースとして動かせるのは大きい。

不一致のじしんや格闘技は1/4くらい残して耐えることも多いだろうと考え、先制技で縛られないようにきのみを持たせて運用したが、単純にトリックルームの試行回数も増やせて良い感じだった。
具体的な指標としては、A216メガボーマンダのじしんが最大乱数以外耐えるくらい。

ただし、カプ・テテフのメガネサイコキネシスが確2に入っていたり、硬すぎてバンジのみが中途半端に発動しないこともあったので、そういったところのケアを考えるならオボンのみも選択肢に入ると思う。
硬すぎて逆に発動しないで苦労する例としては、ミミッキュのA2↑シャドークローZ等。


がぶりあす

ようき
183-182(252)-116(4)-×-105-169(252)


〔調整〕
ASぶっぱ


5世代6世代のキング。
耐久無振りなのにクワガノンよりも耐久が高い。

元々はギルガルドに対抗するためにホルードだった地面枠。
キノガッサやリザードンに苦戦することが多かったため、みがわり持ちガブリアスに変更した。
また、受け構築を突破するために、つるぎのまい+Zという構成になった。

基本的にピンポイントな採用なため選出率は低い方だが、ステータスが高いため、クワガノンとの先発争いをすることがままある(先発で出せばタスキ警戒の動きをされるため、動きやすい)。
つるぎのまい+げきりんZの火力は、HBカバルドンが81.3%、HBクレセリアが43.8%くらいの乱数1発であることは頭に入れておきたい事項である。





























【おまけ】

アイコンローブシン

気に入りすぎて勢いで絵まで描きました。
フォローお願いします。

サン・ムーン スペシャルレートシーズン6使用構築 「6世代の帰還」

シーズン6のスペシャルレートは所謂「上位禁止のシングル」なので、
・リザードン、ボーマンダ、バシャーモ等のメガシンカ(できるポケモン)
・カプ系やギルガルド等のとてもポテンシャルの高いポケモン
等が使えない素晴らしいルール(なのですが、なぜか上位15位に入らなかったメガガルーラ、メガメタグロスなどが当然のようにトップメタに躍り出るルール)です。
僕の普段のPTがカプ・テテフに大きく依存していることを除けば、ほぼ平常運転で行けたのは幸いです。


【最終レート】

S6すぺれ

割と序盤に1700達成した後、シングルに専念するために早々に撤退しました。
最終日付近まで放置してもこの順位なあたり、人が少ないんだなあと思いました。



【使用構築】

にだんぎる
※ニダンギルの枠は色々かえて実験してました

まりるり

いじっぱり
191(124)-112(252)-100-×-100-87(132)


上位の厄介ポケモンが軒並みいなくなったため、若干動きやすくなった。
主な仮想敵はほぼ変わらず、ウルガモスやドリュウズ・アシレーヌ・フェローチェあたり。



ほるーど

いじっぱり
173(100)-118(252)-98(4)-×-99(12)-116(140)


普通のシングルからの流用だが、仮想敵が変わらないので調整はそのまま。
受けループを崩す枠その1。

対面が明らかに有利な場合は舞+ノーマルZで後続の物理受けを仕留める(目安としてはクレセリアが高乱数1)。
その他、ノーマルZで仕留められそうな相手にはガンガン打っていく(対ロトム等相性関係が何とも言えない相手)。
受けループ相手は、まもるでZ技を透かされることを考えつつ慎重に動くのが良い。
ギガインパクトZの採用も考えたが、普通にノーマル技が欲しい場面も多いため、個人的にはおんがえし派。



にだんぎる

なまいき
166(252)-132(12)-170-×-110(244)-36
→166-132-255-×-165-36(しんかのきせき込み)


ギルガルドが使えないので、それならニダンギルへの警戒も薄いだろうという考えで採用。
特防特化したおかげで、特殊耐久はギルガルドと遜色無いレベルまで上がり(それでもギルガルドの方が硬い)、物理耐久はギルガルドの1.5倍という驚異的な数値をたたき出す。
その物理耐久は、メガメタグロスのじしんくらいなら余裕で確3に持っていけるほど。
反面、火力がギルガルドの6割くらいしかないため、舞っても火力が貧相なうえ、ナットレイと比べて中途半端にSがあるた、素のジャイロボールの火力があまりに不安定なのが欠点。

主にカプ・ブルルやメタグロス対策でファイアローと役割が被るが、エーフィへのイーブイバトンなんかにも1体で対処できる。
ただし、鋼タイプのくせしてキュウコンに対して非常に弱く(ノーガードなのでぜったいれいどで瞬殺)、壁キュウコンを積みの起点にできないのはいただけない。



ふぁいあろー

ようき
175(172)-101-115(188)-×-89-181(148)


対ガルーラへのクッション、メタグロス・クチート・カミツルギへの遂行、起点作り阻止が主な役割。
ようは普段のシングルレートとほぼ変わらない(対ミミッキュが無くなったくらい)。

元々Rペルシアンを採用していたが、どうしてもクチートやヘラクロスに薄くなるのが気になった。
ペルシアンの良いところは、困ったらすてゼリフで後続に負荷を少なくして交代できる点や、マジックミラー持ちに強気で頑張れる点(マジックミラー持ちにすてゼリフすると、相手が打った扱いになり、相手が勝手に引いていく)。



ろーぶしん

わんぱく
207(212)-173(100)-154(196)-×-85-65


ガルーラ、キノガッサ、カミツルギへの最終兵器。
特にキノガッサは、このポケモンで処理するためにわざとPT単位で重そうに見せてある。

調整が6世代のまんま(6世代メガガルーラ用の調整)なので、もっと良い仮想敵がいたかもしれない。



さーないと

おくびょう
157(108)-×-85-164(148)-135-145(252)
→157-×-85-204-155-167


カプ・テテフの代わりとしての参戦。
調整は6世代の物をそのまま使用しているが、特に不自由は感じない。
暴力カプ・テテフと比べてエスパー技は明らかに火力が劣るうえ、Z技による爆発力が無いが、サイコフィールドによる火力増強のターン制限が無い点、フェアリー技の火力、特殊耐久とスピードで勝る。

受けループを崩す役その2。
しかし、サイコショックの火力が足りないので、2回積まないとラッキーにしっかり遂行できないのが難点。
なので、あくまでもメインの崩し役はホルードで、予備の対策ポケモンとなる。












今シーズンはあまりたくさん対戦するモチベーションが無く、シーズン序盤で辞めてしまいましたが、上位禁止にするだけで結構新鮮な顔触れがそろったようにも見えて面白かったので、毎シーズンルールが変わるスペシャルルールは楽しいですね。
USUMになっても是非残してほしいと思うルールです。
新しい環境になっても自分なりに楽しんでいきましょう。

サン・ムーン しまうおふ&鉄輪オフ使用構築「暴力テテフスタン散」

久々にしまうおふ、鉄輪オフと、対戦オフが続きました。
特に、鉄輪オフは初めての大分遠征で、ポケモン対戦以外でもいろいろ慣れないことが多く楽しかったです。
主催のかめさん、はるさん及びスタッフの皆様、参加者の皆様、お疲れ様でした。



【結果について】

しまうおふ:予選6-1でブロック1位通過→決勝トーナメント1落ち
鉄輪オフ:予選4-3、直接対決負けでブロック予選落ち


特に鉄輪の方は、4連勝からの3連敗なので少し悔しかったです。
穴だらけとはいえ、使い慣れていて自信のあるPTなので、もっと熟練度を上げる必要があると感じました。



【使用PTについて】

ツイッターで「秘密兵器」等とつぶやいていましたが、別にそんなものは無く、いつものPTで両方とも挑みました。

S6S.jpg

■マリルリ
いじっぱり
191(124)-112(252)-100-×-100-87(132)


H:
16n-1
S:
4振り65族抜き(60族付近のS振りをごぼう抜きするのが目的)

ダメージ計算(参考)
◆たきのぼり
無振りカプ・テテフが確定1発
大雨状態で無振りメガラグラージが確定1発
無振りカプ・コケコが乱数1発(93.8%)
補正有HB252カバルドンが確定2発
◆アクアジェット(たきのぼりの半分の火力)
無振りウルガモス、無振りドリュウズが確定1発
無振りメガバシャーモが乱数1発(93.8%)
無振りフェローチェが乱数1発(43.8%)
◆ばかぢから
H252ナットレイが確定1発
H252ポリゴン2@きせきが乱数1発(75%)
◆じゃれつく(最大打点)
無振りギャラドスが確定1発
補正有HB252カプ・レヒレが確定2発

〔解説〕
ポリゴン2とかミラーとかでほぼ負けることのないくらいまでSを振った個体。
ここまで振らずとも、最低でも無振り60族+3くらいまであると安心できる。

ギャラドスは、こいつがいないと詰みかねないので、見せ合いにいたら必ず選出する。
出すタイミングは、ギャラドスが出て来たら間髪入れずに後投げでいいと思う。
また、マリルリにギャラドスを死に出しされるととても辛い。

どうでもいいことだが、後述のガラガラとAが全く同じなため、ダメージ感覚を共有できる。
具体的には、マリルリのたきのぼり(&ばかぢから)=ガラガラのフレアドライブ。


■ガラガラ
しんちょう
165(236)-112(92)-131(4)-×-133(164)-67(12)


A:
フレアドライブで無振りカプ・コケコが最高乱数以外1発
シャドーボーンで無振りガブリアスが確定2発
ホネブーメランで補正有HB252ドヒドイデが確定2発
HD:
補正有C252ゲンガーのシャドーボールが確定2発(参考)

〔解説〕
全ての電気タイプに対する牽制枠。
また、つるぎのまい搭載で受けサイクル(受けループやブルルドヒドイデ等)の崩しの役割もある。

特殊耐久に厚く割いているため、ゲンガーやウツロイド相手に強引につっぱることもある。
対ポリゴン2等も、イカサマやシャドーボールを持っていなければ大きい負荷をかけられる。

欠点は、遅すぎて基本的に被弾前提なこと。
タイプが非常に優秀で半減以下にできるタイプも多いものの、等倍以上を2耐えするのは流石に無理なので、仮想敵にしっかり遂行できるように大事に扱う必要があるのが難しい。
そういう点を含めても、非情に頼りになるポケモンであることは疑いの余地が無い。


■ファイアロー
ようき
175(172)-101-115(188)-×-89-181(148)


H:
16n-1
B:
余り
S:
補正有S252メガルカリオ抜き

〔解説〕
カプ・テテフでは相手できない鋼タイプ(メタグロス、ナットレイ、テッカグヤ)や、ガルーラ、ミミッキュ等を見る駒。
その他にも、がんせきふうじが無いカバルドンやマンムーを詰ませたり、積みを阻止して後続の負担を軽くすることができて、何かと便利(ようするにちょうはつが強い)。

難点として、このポケモンの存在がステルスロックを非常に誘う点がある。
元々サイクルするための型であるため、ステルスロックを撒かれたとたんにサイクル負けする。
そして、遂行したい相手以外への負荷が非常に軽い点が致命的。
鬼羽リザードンと違ってタイプ変更や素の火力が無いため、カプ・コケコなどを出されるとやることに困る。


■ベトベトン
ゆうかん
209(228)-149(84)-95-×-145(196)-55


A:
どくづきで無振りカプ・テテフが高乱数1発
HD:
余り(補正有C252カプ・テテフのムーンフォースくらいは確定3発)
S:
最遅ギルガルド抜かれ

〔解説〕
こちらのカプ・テテフでは何かと不利なゲンガー、ゲッコウガ、カプ・テテフミラーなどへ後出しする駒。
特においうちによる削りが後々プテラなどでスイープしていく時に重宝する。

その他、カプ神(特にカプ・ブルル)や特殊アタッカーに対するクッションとしては悪くない。
もっとも対カプ神は、カプ・テテフを除き処理する前に後続に引かれるので、一概に有利対面とは言いづらい。
また、相手からはわかりづらいが、ラム持ちなのでキノガッサ対面はほぼ無傷で突破ができる。

難点としては、ファイアローと同じく、上記の遂行相手以外への負荷が非常に軽い点。
なので、ベトベトンじゃないと遂行できない相手がいない限りは選出することが少なくなる。
あと、対ギルガルド用にSを下げたが、弱点保険型だと普通に対面で負ける(サン・ムーンにおけるキングシールドの仕様変更のため、どくづきで透かすことができなくなってしまったため)。
Sを下げたことにより不利になると思った対面はほぼ無いので、このままで良いと思う。


■プテラ
ようき
155-180(196)-114(68)-×-115-221(244)(メガシンカ後)


A:
アイアンヘッドで無振りカプ・テテフ、無振りミミッキュが確定1発
こおりのキバで無振りガブリアスが確定1発
じしんでH252シールドギルガルドが高乱数2発
B:
補正有A252パルシェンのこおりのつぶてが確定3発
S:
補正無S252カプ・テテフ@こだわりスカーフ抜き

〔解説〕
ボーマンダを絶対に殺す枠。
主に後投げからS関係が逆転するまでがんせきふうじを打ち続け、こおりのキバでとどめを刺すだけ。

がんせきふうじ搭載なので、ボーマンダ以外でも対面ガブリアス、ランドロスは絶対有利対面になる。
HBゴツメ系で無ければがんせきふうじ→こおりのキバでスカーフ関係なく倒すことができる。
後続(主にカプ・テテフ)のスピード補助にもなったりして、がんせきふうじという技は切れない。

アイアンヘッドは上記の仮想敵とは別に、カプ・テテフやミミッキュに対する遂行技。
このプテラだと一番火力の高い技で追加効果も優秀なので、最悪この技の怯みに勝ちを委ねることもある。
じしんはギルガルドやカプ・コケコに対する打点だが、対面では倒すことができないので、あくまで削れた相手への遂行用。
単純に速いアタッカーとして終盤のスイープをすることもあるが、威力も攻撃力も低いのであくまでおまけ。


■カプ・テテフ
ひかえめ
159(100)-×-96(4)-198(236)-116(4)-135(156
)

H:
16n-1
C:
11nで最大
S:
補正有S252キノガッサ抜き

Zサイコショックのダメージ計算(参考):
◆素の状態
補正無しHD252カバルドンが確定1発
H252アシレーヌが確定1発
H252エアームドが低乱数1発(12.5%)
◆めいそう1積み
H252カプ・レヒレが確定1発(ミストフィールド時)
H252メガハッサムが中乱数1発(68.8%)
補正有HD252カプ・ブルルが中乱数1発(62.5%、グラスフィールド時)
◆めいそう2積み
H252ヒードラン、ナットレイ、テッカグヤが確定1発
H252シールドギルガルドが中乱数1発(62.5%)

〔解説〕
Hの実数値を157→159に変えた理由は16n-1になるのもそうだが、みがわり張った後のHPが120になるから(D1↑でギルガルドのシャドーボールの最大ダメージが120になり、みがわり→めいそう安定になるため)。

破壊力は上記のダメージ計算の通り、すべてがデタラメ。
相手が火力が低めのPT(受けループなど)の場合、こいつが積んだらすべてが終わる。
ギルガルドも対面から積みの起点にする、ヒードランはふうせんが見えたとたんに積みの起点にする。



【選出について】

基本選出は無く、相手に応じて苦手ポケモンをケアしていくように選出していく。
ただ、基本的には最もパワーのあるカプ・テテフをいかに通せるかが鍵になる。

カプ・テテフが苦手なポケモンが分散していて、補完にファイアローとベトベトン両方を選出しないといけないような状況になったら、一度カプ・テテフを選出しないという択を考えてみるのも手。
意外と他のポケモンでしっかりと選出できたりもする(その場合はパワーのあるマリルリや範囲の広いプテラ、崩し性能を持つガラガラを選出していることが多くなると思う)。

厄介ポケモンに対しては一通り対抗策を持っているつもりだが、もし相手のPTにそういったポケモンが複数いて、選出がまとまらない場合は、ある程度選出や動きを妥協する必要が出てくる。
具体的には、
「ボーマンダとメタグロスが両方いたらボーマンダの選出は切る」
「カバルドン+ボーマンダにミミッキュやナットレイなどが一緒にいた場合、カバルドンはファイアローで見る」
等、若干危険な博打に出る必要がある。

対受けループは、ガラガラ+カプ・テテフ+α(マリルリかプテラ)という選出になることがほとんど。
ガラガラを先発にする理由として、カプ・テテフの苦手なゲンガーやカプ・ブルルを処理しておきたい点がある。
そのため、基本的にガラガラで崩してカプ・テテフで〆る形になる(もちろんガラガラだけで〆ても良い)。
残り一枠がマリルリかプテラになる理由としては、主にバンギラスに対する遂行のため。
ただ、マリルリだとフシギバナやドヒドイデに隙を見せやすいため、基本的にはプテラになると思う。


























【その他色々】

鉄輪オフでは、予選落ちしたのをいいことに、空いた時間で色々な人とフレ戦をしました。
いろんな意見が聞けてとても参考になりました。ありがとうございます。
2戦ほどバトルロイヤルをやったのですが、両方とも1位になることができました。
バトルロイヤルでは研究中のジュカインを使ったのですが、思ったより強いと思ったので、考察し甲斐がありますね。
プロフィール

マリオ

Author:マリオ
マリルリをこよなく愛するマリオと申します。
よろしければゆっくり見ていってくださいね!

ともだちコード(3DS):4957-2880-1818

【年齢】
20代

【ポケモンはいつから?】
初代からずっとやってます。

【お気に入りポケモン】
マリルリ
サーナイト
メガリザードンX
ホルード

【好きな特性】
プレッシャー
(有効打もPPなくなってしまえばこっちのモノ!)

【嫌いな特性】
○○スキン
(あの謎の威力補正は何ですかね)

【好きなポケモンプレイヤー】
ブーシャヤンスタパサーさん
(定数ダメおじさん)
かめさん
(ノオーカバアローの人)
パワッチョさん
(全抜きの人)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

気ままにポケモン日記

Buccinum′s territory

みちこのぽけもんにっき

自称『とりつかい』の日々。

遥か彼方 ~too late for chocolate?~

イカぽ弁当

霊パ怨念日記

Biscuit & Wafer

なわぱんだのポケモンブログ

にんじんはポケモンと歩む

ポケモン厨(o ゝω・)b

wake up したいブログ

ランターンは左上に添える

暴発クラッカー

ポケモンBW2 ♀統一 ランダム紀行 ヒナギクのブログ

ととののんきなポケモン日誌

よすブレロ

ガチ勢になりきれないシングルレートXY+パズドラ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ポケモンブログランキング
ポケモン・攻略ブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。