シーズン10の最終構築ですが

【シーズン10の僕】
いろいろあってこの形に落ち着きましたが、最終レートは1821
欠陥が色々見つかったので、シーズン11はもう少し改良しています。
このシーズンのPTは原点回帰を試みていたのですが、どうもうまくいきませんでしたね。


【PT詳細】

シーズン10最終

【このPTについて】
軸は僕の好きなポケモンでもあるマリルリサーナイトリザードン
周りのポケモンは、それらでは辛いポケモンへの対策で固めた普通のスタンダードPT。
特に特殊なギミックがあるわけでも、強力な積みポケモンがいるわけでもないが、最も意識しているのが、

『奇襲』

により相手のペースを一気に崩して流れをつかむこと。
それこそ、おもしろ技発表会や意表を突くだけにとどまらず、勝ちにこだわった奇襲をすることを意識した。
これに関しては、過去に僕が公開したPT全てに共通する唯一の事項だと思う。


【前回の記事からの変更点】
OUT→ランターン・ギルガルド・カバルドン
INブルンゲル・ドリュウズ・サンダー
太字は新規育成したポケモン

放送を見ていた方は知っていると思うが、一時期はオンバーンなども入っていたが、最終的にこれで落ち着いた。


【個別の詳細】

azumarill.gif
マリルリ(BossX)@拘り鉢巻
特性:力持ち
性格:意地っ張り
個体値:31-31-31-×-31-31
努力値:124-252-0-×-0-132
実数値:191-112-100-×-100-87
技:滝登り/馬鹿力/アクアジェット/じゃれつく


〔調整〕
H:16n-1
S:4振り65族抜き

〔採用理由〕
・採用理由は無し

〔解説・感想〕
オカダ「解説は、特にありません」

フェアリーの通りが良く、サーナイトが出しづらいときは割と初手で出すことが増えた。
適度に速いSと、鉢巻による超火力テロにより、初手での崩しは前にもまして強いと感じた。

アクアジェットで一部のポケモン(ウルガモス・ドリュウズ・バシャーモ等)をどのタイミングでも問答無用で縛れるので、サーナイトやリザードンの隙を最小限に抑えることができて良かった。

万が一相手のマリルリに腹太鼓されてしまった場合も、アクアジェットに対して後出しからの、上からのじゃれつくでなんとかなることも多かったので、S振りは多分正解。
ニンフィアやポリゴン2の上をとれるのも小さくない利点。



jellicent-f.gif
ブルンゲル(マザーテレサ)@光の粉
特性:呪われボディ
性格:図太い
個体値:31-×-31-31-31-31
努力値:252-×-252-0-0-4
実数値:207-×-134-105-125-81
技:熱湯/鬼火/挑発/自己再生


〔調整〕
図太いHBぶっぱ

〔採用理由〕
・メガガルーラの処理

〔解説・感想〕
カバルドンがメガガルーラに倒されることが多く、メガガルーラに対するヘイトが溜まりすぎた結果の採用。

メガガルーラに対しては、

・猫だまし、グロウパンチ、捨て身タックルが無効
 →交代際のグロウパンチを受けない
・冷凍パンチ、冷凍ビーム、大文字が半減
 →役割破壊に強く、たとえ交代際の冷凍パンチで凍っても熱湯で溶ける
・不意打ちを透かす手段有り
 →水タイプのため、炎の後出しがしづらい上での鬼火テロ
・親子愛の攻撃が呪われる確率が約51%
 →岩雪崩等のゴリ押しに、金縛りで対抗できるうえ、自己再生持ち

と、細部まで徹底しており、さらに粉による回避を含めると、ガルーラに負ける可能性はかなり少ない
(そもそも、ガルーラの選出が大幅に減ったため、活躍の機会は少なめだった)
かみくだく持ちはさっさと呪われてください。

その他、ランドロスやマンムー、マリルリやルカリオにも対面で強めだが、物理受けとしては数値が中途半端。
なので、本当にガルーラ対策のみと割り切って選出するくらいでちょうどいいと思う。
対ファイアローに至っては、最近は有利なのかどうかすら怪しいので、他で対処した方が良い。



excadrill.gif
ドリュウズ(モグラ~ニャ)@突撃チョッキ
特性:型破り
性格:陽気
個体値:31-31-31-×-31-31
努力値:44-172-4-×-84-204
実数値:191-177-81-×-96-147
技:アイアンヘッド/岩石封じ/角ドリル/地震


〔調整〕
H:16n-1
HD:C197霊獣ボルトロスの珠気合玉が低乱数1(ダメージ:161~192)
  C192メガルカリオのC2↑真空波が低乱数1(ダメージ:160~192)
S:最速81族抜き

〔採用理由・役割〕
・各種ロトム、ボルトロスの処理(最優先)
・フェアリー(スキンハイパーボイス持ち)の処理
・電磁波・ボルトチェンジのカット及び、サブのめざ氷への後出し
・角ドリルによる耐久型の処理

〔解説・感想〕
調整はこちら(http://adamspoke.hatenablog.com/entry/2014/11/15/171114)の陽気のものを拝借。
立ち回りもこちらを参照してもらった方が良いかと思います。

前書いたPTの、ランターンとギルガルドの両方(ボルチェンカットの意味ではカバルドンも)の役割を持てるので採用。
サーナイトをよく選出する関係上、スカーフ持ちと見られることは皆無だったが、それでも選出機会は多かった。

役割対象ではないが、対メガフシギバナで唯一の後出しできるポケモン(打点は角ドリルのみ)。
サーナイトからの打点はあるものの、PT全体で割と辛い相手である。



gardevoir.gif
サーナイト(キサラ)@拘りスカーフ
特性:トレース
性格:臆病
個体値:31-×-31-31-31-31
努力値:0-×-0-252-4-252
実数値:143-×-85-177-136-145
技:ムーンフォース/気合玉/トリック/サイコショック


〔調整〕
臆病CSぶっぱ

〔採用理由・役割〕
・リザードンと共にPTの軸の1体
・メガシンカを疑わせてのスカーフによる奇襲
・ガブリアス、ゲンガー、ゲッコウガ、バシャーモの対面からの処理
・悪戯心持ちのスカーフトリックによる機能停止

〔解説・感想〕
PTの軸ではあるが、主な役割はリザードンの苦手ポケモンの(奇襲による)排除。
フェアリーの通りが良い場合は、終盤のムーンフォースによる全抜きも狙うことがある。

リザードンにとって邪魔なガブリアスを排除するのが最大の目的。
リザードンというポケモンが、初手ガブリアスを強烈に誘導するため、他に対してどんなにサーナイトの通りが悪かろうと(そもそもフェアリーの通りが悪いPTは少ないが)、ガブリアスがいたら初手に選出していた。
大体ガブリアスと初手対面できていたため、PTのコンセプト通り動けてとても満足している。

物理耐久は目も当てられないほど低い(具体的には、威嚇トレース後のA1↓ボーマンダのすてみタックルで乱1)ので、ボーマンダの相手は意外とできなかったりする。
対面だと、威嚇よりも先にトレースが発動してしまい、ボーマンダが居座ってくれないのもマイナス。



charizard-megax.gif
リザードン(ドラグーン)@リザードナイトX
特性:猛火→硬い爪
性格:腕白
個体値:31-31-31-×-31-31
努力値:172-36-84-×-4-212
実数値:175-109-119-×-106-147
実数値(メガ):175-155-156-×-106-147
技:鬼火/羽休め/ニトロチャージ/ドラゴンクロー


〔調整〕
H:16n-1
A:H183-B116ガブリアスをニトチャ+ドラクロで確定
B:余り
S:最速81族抜き

〔採用理由・役割〕
・サーナイトと共にPTの軸の1体
・クチートやハッサム、マンムーの後出しからの処理
・ゲンガー、ゲッコウガ等の対面からの処理
・ギャラドス、マリルリ等の対面でのごまかし

〔解説・感想〕
詳細はこちら(http://azmario226.blog.fc2.com/blog-entry-186.html)。

PTの真の軸のポケモンであり、こいつが活躍できた試合は大体勝っていたように思う。
マリルリの次に長く使っているポケモンなだけあり、とても愛着がわいている・・・というとでも思ったか!

鬼火をよく外すのは、こいつの個性が「ちょっぴりみえっぱり」であると断定。
もう1体の鬼羽リザードンも同じ個性のため、たぶんこの運命からは逃れられない。
20戦に1戦くらい、逆のみえっぱり現象(これでもかというくらい急所に当てる)があるが、それでも±0にはならない。



zapdos.gif
サンダー(Gibson)@ゴツゴツメット
特性:プレッシャー
性格:図太い
個体値:31-×-30-31-27-31
努力値:236-×-200-52-0-20
実数値:195-×-143-152-108-123
技:10万ボルト/熱風/目覚めるパワー(氷)/羽休め


〔調整〕
B:11n
HB:A112力持ちマリルリのじゃれつくが確3(ダメージ:81~96)
C:10万ボルトでH204-D102マリルリに対し、腹太鼓後に最高乱数以外1発(ダメージ:152~182)
  10万ボルトでH207-D100チョッキマリルリを確2(ダメージ:104~126)
  10万ボルトでH155-D100ボルトロスを確2(ダメージ:78~93)
  熱風でH177-D120メガハッサムを確1(ダメージ:180~216)
S:準速キノガッサ抜き

〔採用理由〕
・ボーマンダ、ジャローダ、ファイアロー、スイクン、ギャラドスの処理
・電磁波、蛇睨み等の阻止
・地面技透かし

〔解説・感想〕
調整はこちら(http://borutonogudora.doorblog.jp/archives/38792251.html)を参考に改悪した。

初めての無性別ポケモンの採用。
元々この枠はレントラーだったが、

・ジャローダが辛くなる
・スイクンに対する打点が無い
・ボーマンダに対する遂行が不安定(地震とか)

等の理由を考え、(ファイアローの処理を含めて)どう考えてもサンダー以外にありえなかった。
思い立って厳選を始めて、2日目で上記の個体が出たのは奇跡としか言いようがなかった。

ダメージ計算で対マリルリを意識しているように見えるが、10万ボルトの採用はむしろスイクンを確2にするため。
放電の採用も考えたが、数値が足りなかった(H252スイクンが乱2になる)。

また、物理受けの遂行に羽休め、ボーマンダに対する打点としてめざ氷までは確定。
あとは、ジャローダに対する最大打点や、ナットレイに対する炎技の保険として熱風を採用した。
欲を言えばカバルドンなどを相手するために毒毒も欲しかったし、適当に電磁羽でごまかすために電磁波も欲しかった。

初めてサンダーを使ったのですが、耐性・スピード・火力・耐久が全て優秀でとっても使いやすいと思いました。
あらためて、種族値って大事だなって。



【終わりに】
あまりに決定力が不足していて、相手に起点にされることがよくありました(特に対ギルガルド)。
たぶん軸は残っても、この形に戻ってくることは二度とないでしょう。
それではまた、シーズン11で会いましょう。
スポンサーサイト
プロフィール

マリオ

Author:マリオ
マリルリをこよなく愛するマリオと申します。
よろしければゆっくり見ていってくださいね!

ともだちコード(3DS):4957-2880-1818

【年齢】
20代

【ポケモンはいつから?】
初代からずっとやってます。

【お気に入りポケモン】
マリルリ
サーナイト
メガリザードンX
ホルード

【好きな特性】
プレッシャー
(有効打もPPなくなってしまえばこっちのモノ!)

【嫌いな特性】
○○スキン
(あの謎の威力補正は何ですかね)

【好きなポケモンプレイヤー】
ブーシャヤンスタパサーさん
(定数ダメおじさん)
かめさん
(ノオーカバアローの人)
パワッチョさん
(全抜きの人)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

気ままにポケモン日記

Buccinum′s territory

みちこのぽけもんにっき

自称『とりつかい』の日々。

遥か彼方 ~too late for chocolate?~

イカぽ弁当

霊パ怨念日記

Biscuit & Wafer

なわぱんだのポケモンブログ

にんじんはポケモンと歩む

ポケモン厨(o ゝω・)b

wake up したいブログ

たまらしぃって鮮度がだいじ!

暴発クラッカー

ポケモンBW2 ♀統一 ランダム紀行 ヒナギクのブログ

ととののんきなポケモン日誌

よすブレロ

ガチ勢になりきれないシングルレートXY+パズドラ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ポケモンブログランキング
ポケモン・攻略ブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR