ORASシングルレート 最終使用構築「バイバイリザードン」

6世代最後の構築記事へようこそ。どうもマリオです。
比較的早い段階での構築公開ですが、6世代の間に大会に出ることもないと思うのでまあ良いでしょう。

ロスタイムシーズンは、リザードンとの決別を目標にPTを組んでみました。
・・・ウソです。両刀ボーマンダが使いたくて組んでみました。
結局最後までレートでガルーラを使うことはありませんでしたね(嫌いとかじゃなくて、使いこなせない)。


・使用構築

trainercard-Marina (1)

慣れていないのか構築が弱いのか、レートは1700前後くらいでうろちょろ。
もっとすんなり勝てると思っただけに、力不足を感じた。

↓以下詳細


azumarill.gif
マリルリ@オボンのみ
特性:ちからもち
性格:いじっぱり
実数値:192-112-101-×-102-84
技:アクアジェット/はたきおとす/はらだいこ/じゃれつく

調整→ダウンロード調整、残りHS
例によって無振り60族付近は最低限意識


ボーマンダをスカーフげきりんで倒しにくるガブリアスを起点にするために、オボンはらだいこ型を採用。
単純に補完として優秀なタイプのポケモンでもある。

〔技〕
技はテンプレートの4つだが、対面ガルーラを倒せる駒としてばかぢから採用でも良かったかもしれない。
それよりも、滝登りを普通に打ちたい場面がそれなりにあった(対カバルドン等)。



diggersby.gif
ホルード@こだわりハチマキ
特性:ちからもち
性格:いじっぱり
実数値:173-118-98-×-99-116
技:はたきおとす/でんこうせっか/おんがえし/じしん

調整→ダウンロード調整、ゴツメダメ最少、残りS
スイクンクレセリア意識のためSはここまで確保


ボーマンダを見て出てくるボルトロス、サンダー、クレセリア、ギルガルド対策枠。
ただし、ボーマンダと共にめざ氷が一貫してしまうのがネック。
ロトムは電気技以外がボーマンダに通りづらいので後出し出来るかもしれないが、おにびは怖い。

〔技〕
いつもの4つ。これ以外の選択肢はないとすら思ってる。
あってもとんぼがえりで有利対面作るくらいだが、サイクルするよりはサイクル崩す方が強い。


scizor-f.gif
ハッサム@ラムのみ
特性:テクニシャン
性格:いじっぱり
実数値:175-200-120-×-100-88
技:バレットパンチ/はたきおとす/おいうち/とんぼがえり

調整→ほぼHAぶっぱ
65族付近意識で残りはS


ボーマンダホルードに対して出てくるこごえるかぜゲンガー(メガ含む)を後出しから狩るためだけに採用した枠。
元々はおいうちギルガルドだったが、打った後の耐久を考えてハッサムに変更した。
ついでではあるが、マンムーに対して強い駒なので、ボーマンダとのセット選出は比較的多い。

〔技〕
おいうちでのサイクルカットの他、とんぼがえりでのサイクル回しがとっても強く、有利対面を作りやすい。
残りの一枠は順当にはたきおとすを入れたが、つるぎのまいとかでも面白かったかもしれない。



gardevoir.gif
サーナイト@こだわりスカーフ
特性:トレース
性格:おくびょう
実数値:143-×-86-177-135-145
技:ムーンフォース/きあいだま/トリック/サイコショック

調整→CSぶっぱ、残りB
Bに4振ることでA182ガブリアスの地震が確定耐えになる


ボーマンダを初手で倒しにくるゲッコウガを、逆に初手で潰してしまうための枠。
単純に初手に呼ぶガブリアス、ゲンガーも上から殴れるため、相性が良い。

〔技〕
H振りメガゲンガーに対しての乱数が動くのでサイコショックにしているが、ゲンガーはBDどちらが硬いかわからないので、単純に威力の高いサイコキネシスでもよかったかもしれない。
ガルーラは11交換ではなく倒しておきたいので、みちづれでは無くきあいだまにしている(遺伝してないとも言う)。
砂ドリュウズ相手もでき、ドリュウズ以外の相手にはムーンフォースが刺さるのでこれでよかった。



luxray-f.gif
レントラー@ゴツゴツメット
特性:いかく
性格:ずぶとい
実数値:187-×-144-115-100-90
技:でんじは/つぶらなひとみ/めざめるパワー(氷)/ボルトチェンジ

調整→HBぶっぱ


低種族値に見えて実はめっちゃ種族値が高いレントラー君。
S7で使った対ボーマンダ、ファイアロー用の駒だが、ガルーラに対するクッションとしても比較的優秀。
グロウパンチを交代際に撃たれても、ひみつのちからは耐え、つぶらなひとみでAを±0にすることができる。

〔技〕
ボーマンダやファイアロー、ギャラドスなどに後出しした後に有利対面を作るためにボルトチェンジは必須。
そして、やたらガブリアスを後出しされることが多かったため、めざ氷も有用だった。
でんじはは、ボーマンダの足を止めて後続で倒しにいったり、ガルーラの足を止めて不意打ちより上から先制技で倒しに行ったりするために割と重要な技。
つぶらなひとみは、ガブリアスなどどうしようもない相手に対する最後っ屁としても優秀。

〔余談〕
実はレントラー入り最高レートは僕が持っている(S7)らしく、なんか使ってみたくなっただけ。
火力に目をつぶればサンダーよりもサイクル回しやすいように感じた。



373m.gif
ボーマンダ@ボーマンダナイト
特性:いかく→スカイスキン
性格:むじゃき
実数値:171-166-101-151-84-167(Dは妥協)
実数値(メガ):171-176-151-161-93-189
技:すてみタックル/かえんほうしゃ/ハイパーボイス/りゅうせいぐん

調整→http://wonderfulrush.blog.fc2.com/blog-entry-79.html
ヤドランに受け出しを許さない程度のCを確保・・・らしい。


この構築の始発点であり軸。
いかにこいつを通すかを考えて組んでみた。
ガルーラよりもサイクル向きの特性、耐性で、何よりS120族なのが偉い。

〔技〕
結局すてみタックルは打つことが少なく、特殊技メインで戦っていた。
ナットレイやハッサムを重く見たので、じしんではなく炎技を採用。
だいもんじは一撃で倒せるのが強みだが、よく外して負けたのでかえんほうしゃに変更。





ボーマンダ単体のスペックが非常に高く、対面で勝てる相手が多い場合は雑に初手に置くことが多い。
そして大概対策ポケモンが出てくるので、周りのポケモンで対策という選出パターンになる。

ボーマンダの周りが今まで使っていた個体が多いが、びっくりするくらいすんなり入ってきたのでこれでいいんだと思う。
とんぼルチェン持ちが増え、よりサイクルするようになった。

明確にポリゴン2やクチートが重く、ポリクチ構築に連続で当たるとまず勝てなかったのは弱い。
対クチートに関してはさすがにリザードンの方が強いし、クチート構築が蔓延するようならばリザードンはまだ頑張れる。

そして、どのような形であれやっぱり積みポケモンを扱うのが苦手らしく、マリルリの選出は控えめになってしまった。















・おまけ

サンムーンまでのつなぎとして、時代に逆行して「ポケモン+ノブナガの野望」を並行してやっています。

伝説

伝説のポケモンがデタラメに強いです。

今は3つくらいクリア後のストーリーを終わらせました。
終わるまではまだまだ時間がかかりそうです。
スポンサーサイト
プロフィール

マリオ

Author:マリオ
マリルリをこよなく愛するマリオと申します。
よろしければゆっくり見ていってくださいね!

ともだちコード(3DS):4957-2880-1818

【年齢】
20代

【ポケモンはいつから?】
初代からずっとやってます。

【お気に入りポケモン】
マリルリ
サーナイト
メガリザードンX
ホルード

【好きな特性】
プレッシャー
(有効打もPPなくなってしまえばこっちのモノ!)

【嫌いな特性】
○○スキン
(あの謎の威力補正は何ですかね)

【好きなポケモンプレイヤー】
ブーシャヤンスタパサーさん
(定数ダメおじさん)
かめさん
(ノオーカバアローの人)
パワッチョさん
(全抜きの人)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

気ままにポケモン日記

Buccinum′s territory

みちこのぽけもんにっき

自称『とりつかい』の日々。

遥か彼方 ~too late for chocolate?~

イカぽ弁当

霊パ怨念日記

Biscuit & Wafer

なわぱんだのポケモンブログ

にんじんはポケモンと歩む

ポケモン厨(o ゝω・)b

wake up したいブログ

たまらしぃって鮮度がだいじ!

暴発クラッカー

ポケモンBW2 ♀統一 ランダム紀行 ヒナギクのブログ

ととののんきなポケモン日誌

よすブレロ

ガチ勢になりきれないシングルレートXY+パズドラ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ポケモンブログランキング
ポケモン・攻略ブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR