FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サン・ムーン しまうおふ&鉄輪オフ使用構築「暴力テテフスタン散」

久々にしまうおふ、鉄輪オフと、対戦オフが続きました。
特に、鉄輪オフは初めての大分遠征で、ポケモン対戦以外でもいろいろ慣れないことが多く楽しかったです。
主催のかめさん、はるさん及びスタッフの皆様、参加者の皆様、お疲れ様でした。



【結果について】

しまうおふ:予選6-1でブロック1位通過→決勝トーナメント1落ち
鉄輪オフ:予選4-3、直接対決負けでブロック予選落ち


特に鉄輪の方は、4連勝からの3連敗なので少し悔しかったです。
穴だらけとはいえ、使い慣れていて自信のあるPTなので、もっと熟練度を上げる必要があると感じました。



【使用PTについて】

ツイッターで「秘密兵器」等とつぶやいていましたが、別にそんなものは無く、いつものPTで両方とも挑みました。

S6S.jpg

■マリルリ
いじっぱり
191(124)-112(252)-100-×-100-87(132)


H:
16n-1
S:
4振り65族抜き(60族付近のS振りをごぼう抜きするのが目的)

ダメージ計算(参考)
◆たきのぼり
無振りカプ・テテフが確定1発
大雨状態で無振りメガラグラージが確定1発
無振りカプ・コケコが乱数1発(93.8%)
補正有HB252カバルドンが確定2発
◆アクアジェット(たきのぼりの半分の火力)
無振りウルガモス、無振りドリュウズが確定1発
無振りメガバシャーモが乱数1発(93.8%)
無振りフェローチェが乱数1発(43.8%)
◆ばかぢから
H252ナットレイが確定1発
H252ポリゴン2@きせきが乱数1発(75%)
◆じゃれつく(最大打点)
無振りギャラドスが確定1発
補正有HB252カプ・レヒレが確定2発

〔解説〕
ポリゴン2とかミラーとかでほぼ負けることのないくらいまでSを振った個体。
ここまで振らずとも、最低でも無振り60族+3くらいまであると安心できる。

ギャラドスは、こいつがいないと詰みかねないので、見せ合いにいたら必ず選出する。
出すタイミングは、ギャラドスが出て来たら間髪入れずに後投げでいいと思う。
また、マリルリにギャラドスを死に出しされるととても辛い。

どうでもいいことだが、後述のガラガラとAが全く同じなため、ダメージ感覚を共有できる。
具体的には、マリルリのたきのぼり(&ばかぢから)=ガラガラのフレアドライブ。


■ガラガラ
しんちょう
165(236)-112(92)-131(4)-×-133(164)-67(12)


A:
フレアドライブで無振りカプ・コケコが最高乱数以外1発
シャドーボーンで無振りガブリアスが確定2発
ホネブーメランで補正有HB252ドヒドイデが確定2発
HD:
補正有C252ゲンガーのシャドーボールが確定2発(参考)

〔解説〕
全ての電気タイプに対する牽制枠。
また、つるぎのまい搭載で受けサイクル(受けループやブルルドヒドイデ等)の崩しの役割もある。

特殊耐久に厚く割いているため、ゲンガーやウツロイド相手に強引につっぱることもある。
対ポリゴン2等も、イカサマやシャドーボールを持っていなければ大きい負荷をかけられる。

欠点は、遅すぎて基本的に被弾前提なこと。
タイプが非常に優秀で半減以下にできるタイプも多いものの、等倍以上を2耐えするのは流石に無理なので、仮想敵にしっかり遂行できるように大事に扱う必要があるのが難しい。
そういう点を含めても、非情に頼りになるポケモンであることは疑いの余地が無い。


■ファイアロー
ようき
175(172)-101-115(188)-×-89-181(148)


H:
16n-1
B:
余り
S:
補正有S252メガルカリオ抜き

〔解説〕
カプ・テテフでは相手できない鋼タイプ(メタグロス、ナットレイ、テッカグヤ)や、ガルーラ、ミミッキュ等を見る駒。
その他にも、がんせきふうじが無いカバルドンやマンムーを詰ませたり、積みを阻止して後続の負担を軽くすることができて、何かと便利(ようするにちょうはつが強い)。

難点として、このポケモンの存在がステルスロックを非常に誘う点がある。
元々サイクルするための型であるため、ステルスロックを撒かれたとたんにサイクル負けする。
そして、遂行したい相手以外への負荷が非常に軽い点が致命的。
鬼羽リザードンと違ってタイプ変更や素の火力が無いため、カプ・コケコなどを出されるとやることに困る。


■ベトベトン
ゆうかん
209(228)-149(84)-95-×-145(196)-55


A:
どくづきで無振りカプ・テテフが高乱数1発
HD:
余り(補正有C252カプ・テテフのムーンフォースくらいは確定3発)
S:
最遅ギルガルド抜かれ

〔解説〕
こちらのカプ・テテフでは何かと不利なゲンガー、ゲッコウガ、カプ・テテフミラーなどへ後出しする駒。
特においうちによる削りが後々プテラなどでスイープしていく時に重宝する。

その他、カプ神(特にカプ・ブルル)や特殊アタッカーに対するクッションとしては悪くない。
もっとも対カプ神は、カプ・テテフを除き処理する前に後続に引かれるので、一概に有利対面とは言いづらい。
また、相手からはわかりづらいが、ラム持ちなのでキノガッサ対面はほぼ無傷で突破ができる。

難点としては、ファイアローと同じく、上記の遂行相手以外への負荷が非常に軽い点。
なので、ベトベトンじゃないと遂行できない相手がいない限りは選出することが少なくなる。
あと、対ギルガルド用にSを下げたが、弱点保険型だと普通に対面で負ける(サン・ムーンにおけるキングシールドの仕様変更のため、どくづきで透かすことができなくなってしまったため)。
Sを下げたことにより不利になると思った対面はほぼ無いので、このままで良いと思う。


■プテラ
ようき
155-180(196)-114(68)-×-115-221(244)(メガシンカ後)


A:
アイアンヘッドで無振りカプ・テテフ、無振りミミッキュが確定1発
こおりのキバで無振りガブリアスが確定1発
じしんでH252シールドギルガルドが高乱数2発
B:
補正有A252パルシェンのこおりのつぶてが確定3発
S:
補正無S252カプ・テテフ@こだわりスカーフ抜き

〔解説〕
ボーマンダを絶対に殺す枠。
主に後投げからS関係が逆転するまでがんせきふうじを打ち続け、こおりのキバでとどめを刺すだけ。

がんせきふうじ搭載なので、ボーマンダ以外でも対面ガブリアス、ランドロスは絶対有利対面になる。
HBゴツメ系で無ければがんせきふうじ→こおりのキバでスカーフ関係なく倒すことができる。
後続(主にカプ・テテフ)のスピード補助にもなったりして、がんせきふうじという技は切れない。

アイアンヘッドは上記の仮想敵とは別に、カプ・テテフやミミッキュに対する遂行技。
このプテラだと一番火力の高い技で追加効果も優秀なので、最悪この技の怯みに勝ちを委ねることもある。
じしんはギルガルドやカプ・コケコに対する打点だが、対面では倒すことができないので、あくまで削れた相手への遂行用。
単純に速いアタッカーとして終盤のスイープをすることもあるが、威力も攻撃力も低いのであくまでおまけ。


■カプ・テテフ
ひかえめ
159(100)-×-96(4)-198(236)-116(4)-135(156
)

H:
16n-1
C:
11nで最大
S:
補正有S252キノガッサ抜き

Zサイコショックのダメージ計算(参考):
◆素の状態
補正無しHD252カバルドンが確定1発
H252アシレーヌが確定1発
H252エアームドが低乱数1発(12.5%)
◆めいそう1積み
H252カプ・レヒレが確定1発(ミストフィールド時)
H252メガハッサムが中乱数1発(68.8%)
補正有HD252カプ・ブルルが中乱数1発(62.5%、グラスフィールド時)
◆めいそう2積み
H252ヒードラン、ナットレイ、テッカグヤが確定1発
H252シールドギルガルドが中乱数1発(62.5%)

〔解説〕
Hの実数値を157→159に変えた理由は16n-1になるのもそうだが、みがわり張った後のHPが120になるから(D1↑でギルガルドのシャドーボールの最大ダメージが120になり、みがわり→めいそう安定になるため)。

破壊力は上記のダメージ計算の通り、すべてがデタラメ。
相手が火力が低めのPT(受けループなど)の場合、こいつが積んだらすべてが終わる。
ギルガルドも対面から積みの起点にする、ヒードランはふうせんが見えたとたんに積みの起点にする。



【選出について】

基本選出は無く、相手に応じて苦手ポケモンをケアしていくように選出していく。
ただ、基本的には最もパワーのあるカプ・テテフをいかに通せるかが鍵になる。

カプ・テテフが苦手なポケモンが分散していて、補完にファイアローとベトベトン両方を選出しないといけないような状況になったら、一度カプ・テテフを選出しないという択を考えてみるのも手。
意外と他のポケモンでしっかりと選出できたりもする(その場合はパワーのあるマリルリや範囲の広いプテラ、崩し性能を持つガラガラを選出していることが多くなると思う)。

厄介ポケモンに対しては一通り対抗策を持っているつもりだが、もし相手のPTにそういったポケモンが複数いて、選出がまとまらない場合は、ある程度選出や動きを妥協する必要が出てくる。
具体的には、
「ボーマンダとメタグロスが両方いたらボーマンダの選出は切る」
「カバルドン+ボーマンダにミミッキュやナットレイなどが一緒にいた場合、カバルドンはファイアローで見る」
等、若干危険な博打に出る必要がある。

対受けループは、ガラガラ+カプ・テテフ+α(マリルリかプテラ)という選出になることがほとんど。
ガラガラを先発にする理由として、カプ・テテフの苦手なゲンガーやカプ・ブルルを処理しておきたい点がある。
そのため、基本的にガラガラで崩してカプ・テテフで〆る形になる(もちろんガラガラだけで〆ても良い)。
残り一枠がマリルリかプテラになる理由としては、主にバンギラスに対する遂行のため。
ただ、マリルリだとフシギバナやドヒドイデに隙を見せやすいため、基本的にはプテラになると思う。


























【その他色々】

鉄輪オフでは、予選落ちしたのをいいことに、空いた時間で色々な人とフレ戦をしました。
いろんな意見が聞けてとても参考になりました。ありがとうございます。
2戦ほどバトルロイヤルをやったのですが、両方とも1位になることができました。
バトルロイヤルでは研究中のジュカインを使ったのですが、思ったより強いと思ったので、考察し甲斐がありますね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

マリオ

Author:マリオ
マリルリをこよなく愛するマリオと申します。
よろしければゆっくり見ていってくださいね!

ともだちコード(3DS):4957-2880-1818

【年齢】
20代

【ポケモンはいつから?】
初代からずっとやってます。

【お気に入りポケモン】
マリルリ
サーナイト
メガリザードンX
ホルード

【好きな特性】
プレッシャー
(有効打もPPなくなってしまえばこっちのモノ!)

【嫌いな特性】
○○スキン
(あの謎の威力補正は何ですかね)

【好きなポケモンプレイヤー】
ブーシャヤンスタパサーさん
(定数ダメおじさん)
かめさん
(ノオーカバアローの人)
パワッチョさん
(全抜きの人)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

気ままにポケモン日記

Buccinum′s territory

みちこのぽけもんにっき

自称『とりつかい』の日々。

遥か彼方 ~too late for chocolate?~

イカぽ弁当

霊パ怨念日記

Biscuit & Wafer

なわぱんだのポケモンブログ

にんじんはポケモンと歩む

ポケモン厨(o ゝω・)b

wake up したいブログ

ランターンは左上に添える

暴発クラッカー

ポケモンBW2 ♀統一 ランダム紀行 ヒナギクのブログ

ととののんきなポケモン日誌

よすブレロ

ガチ勢になりきれないシングルレートXY+パズドラ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ポケモンブログランキング
ポケモン・攻略ブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。