FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Harvest 8th 使用構築 「時代錯誤ツンデローブ改」

Harvestに参加してきました。
今回が最後ということで大変さみしく思いますが、主催の平野が落ちたさんをはじめ、色々な方と対戦できたこと、対戦ジャンキーとして大変うれしく思います。
何よりも、BWの頃にファンだったフォルさんに出会えたのが感激でした。


【最終結果】

レート→最終1854

Harvest→島袋ブロック3勝4敗予選落ち


結果はイマイチ振るいませんでしたが、対戦は楽しくできたのと、まだまだ立ち回りに改善の余地があるということを学んだことは収穫でした。まさにHarvest。

今回の記事は、中身の詳細に加え、僕が何を考えて選出してるかも記しておきます。


【PT個別紹介】

S8最終

ほとんどのポケモンが過去記事でも紹介しているが、あらためて書いておく。


184 (1)
マリルリ@こだわりハチマキ
ちからもち
いじっぱり
191(124)-112(252)-100-×-100-87(132)
アクアブレイク アクアジェット ばかぢから じゃれつく


〔調整〕
H:16n-1
S:余り(60族付近意識)

〔解説〕
「いつもの」一番信頼しているマリルリ。
こう見えて、このPTで2番目にSが速い(全体的に遅すぎる)。
マリルリミラーではほぼほぼスピード負けしない。

水技は諸説あるが、結局のところ威力が高いアクアブレイクに落ち着いている。
そして、可能な限りはトリルエース時はアクアブレイクを選択している。
じゃれつくは命中率的な問題であんまり信用していない。

覚えておいて損が無い与ダメージ感覚としては、

・アクアブレイクで無振りカプ・コケコが確定1発
・(いかく無し)じゃれつくで無振りギャラドスが確定1発
・ばかぢからでH252ポリゴン2@しんかのきせきが乱数1発(75%)
・アクアジェットで無振りメガバシャーモが高乱数1発(93.8%)

あたりか。要は対ギャラドスは後投げから(ヒコウZ以外は)大体倒せる。


738.png
クワガノン@とつげきチョッキ
ふゆう
ひかえめ
183(244)-×-110-213(228)-100(36)-63
10まんボルト むしのさざめき めざめるパワー(氷) ボルトチェンジ


〔調整〕
C:めざめるパワー氷で無振りガブリアスが確定1発
H:4n-1(ステルスロックのダメージを考慮)
D:余り(チョッキ効率考慮の偶数。控えめカプ・テテフのサイコキネシス@メガネが確定2発)

〔解説〕
ほとんどのポケモンの攻撃を一発耐えて後続につなぐことができる最強の先発。
このPTで唯一ゲッコウガにタイマンで勝てる可能性が高いポケモン。

火力強化アイテムを持っていないため、トリルアタッカーとしてはいささか火力不足。
特定の場合を除き(下記参照)、初手の様子見で使うのが一番良いと思う。
具体的な火力の参考としては、ボルトチェンジ+10まんボルトでメガメタグロスが落ちるくらい。


534 (1)
ローブシン@かえんだま
こんじょう
いじっぱり
191(84)-210(244)-138(180)-×-85-65
ドレインパンチ マッハパンチ れいとうパンチ からげんき


〔調整〕
H:16n-1
A:根性効率考慮の偶数で最大
B:余り(陽気ランドロス霊のじしんが最高乱数以外3発)

〔解説〕
5世代ですべてを破壊してきた焼けブシン。
からげんきの火力は、HBドヒドイデを高乱数2発で沈めるほど。

基本的にはトリックルーム下のエースとしての仕事になる。
相手のフェアリーは基本的には選出の妨げにならない(ゴーストタイプの方が苦手)。
有利ポケモンに後投げ→からげんきでフェアリーポケモンが致命傷を負う。

見せ合いでは判別しづらいが、カバルドンが初手の起点作りっぽく見えたら選出する。
あくびループを止められるのと、基本的にれいとうパンチが(ボーマンダに)一貫するのが良い。
HBカバルドン@ゴツゴツメットには天地がひっくり返っても勝てない。


727.png
ガオガエン@イアのみ
いかく
わんぱく
202(252)-135-148(196)-×-118(60)-80
フレアドライブ はたきおとす おにび とんぼがえり


〔調整〕
B:意地っ張りミミッキュのA1↑ミミッキュZが確定2発
D:余り(参考:C222メガゲンガーのきあいだまが最高乱数以外2発)

〔解説〕
単体記事を書きましたのでそちらもどうぞ→【単体紹介】クッションガオガエン

どうしても使いたくて採用したポケモン。
いかく+とんぼがえりができるポケモンの中では物理も特殊も一番硬い。

今回は、ツンデツンデが選出できない時の対ミミッキュのクッションができるように調整した。
後出し→おにび→とんぼがえりの流れで後続を割と安全に繰り出せる。
火力に関しては、無振りなので想像以上に弱い。
なので、炎技はある程度火力の確保できるフレアドライブを採用している。
また、絶妙にきのみが発動しないHPまで削られた時に、フレアドライブの反動できのみ圏内に強引に押し込むこともできる(狙ってできるわけではないが、思いのほか使う)。


805.png
ツンデツンデ@シュカのみ
ビーストブースト
ゆうかん
168(252)-201(252)-232(4)-×-121-16
ジャイロボール ストーンエッジ じしん トリックルーム


〔調整〕
HAぶっぱ
S:最遅

〔解説〕
最強のジャイロボーラー。その威力は、

ツンデツンデの最大火力ジャイロボール
≒メガボーマンダのすてみタックル
≒マリルリのアクアブレイク@こだわりハチマキ
≒ローブシンのからげんき(こんじょう)


となる。要はカプ・コケコくらいなら確定1発。
(本当についでだが、火力が近いのでダメージ感覚が共有できる)

舞ったボーマンダ等に対しても安全にトリックルームを張れるように、バンジのみ→シュカのみに変更(レートにおいて、交代際に舞われたら終了みたいなパターンが割と多くあったため)。
耐久の参考としては、A2↑じしんまでなら耐えることができる。


445.png
ガブリアス@ドラゴンZ
さめはだ
ようき
183-182(252)-116(4)-×-105-169(252)
げきりん じしん つるぎのまい みがわり


〔調整〕
ASぶっぱ

〔解説〕
5世代、6世代最強のトップメタ。

PT全体がギルガルドや催眠の耐性を持っていないので、こいつでごまかしながら戦う。
対キノガッサは、
みがわり→ドラゴンZ→じしん
で倒すことができるが、最近は初手からタネマシンガンを打たれることもままある。

また、リザードンに対しての強い抑止力として働く。
偶発対面時はほぼほぼリザードンが退くため、つるぎのまいを選択し、後ろにいるだろうカバルドンを突破する準備をすることもよくある(居座ってくるリザードンは嫌い)。




【選出と立ち回り】

・基本選出について

基本的には、

738 (1)or727 (1)or445 (1)(先発の崩し)

805 (1)(トリックルーム起動)

184.pngor534.png(トリックルーム下のエース)

という選出になる。

・先発選びの基準

738 (1)→ゲッコウガやカプ・レヒレ等が目立つ場合。
727 (1)→おにびの通りが良い&後々いかくクッションとして使えそうな場合。
445 (1)→キノガッサやギルガルド、リザードンが辛いと思った場合。

ガオガエンが特にポケモンを指定していないので一番選出しそうであるが、実際のところは、よほどのことが無い限りはクワガノンを出すことが多い。

・ツンデツンデ

805 (1)
役割対象としてはミミッキュやカプをはじめとしたフェアリー、ボーマンダ、メタグロス等。
それらがいないPTはほぼほぼ存在しない(特にミミッキュ)ので、基本的にはほぼ絶対選出。
トリックルーム展開が必要なく、上記のポケモンが他で何とかなる場合に限り選出しないくらい。
特に書いていないが、当然トリックルーム下のエースとしても動く。

・トリックルームエースの基準

184.png→カプ・レヒレやゴーストタイプ(特にミミッキュ、ギルガルド、ゲンガー)が目立つ場合。
534.png→からげんきが一貫しそうな場合(雑)。

基本的にはローブシンの方が打ち分けできるので出していきたい。
ただ、そううまくローブシンが綺麗に通ることは少ないので、マリルリとの選出率は半々。

ただしひとつだけ例外があり、
クレセリアがいた場合は738 (1)を大事にとっておいてエースにする。
今のご時世、クレセリアが少ないとはいえ、マリルリやローブシンでは突破できないので厄介。
なので、エースを738 (1)、初手を445 (1)にすると一番きれいになる。


・対受けループ、受けサイクルに対する選出

トリックルームをする必要が無く、物理受けを崩せないため、805 (1)184.pngの選出は無い。

738 (1)(ドヒドイデやエアームドへの打点)

534.png(物理受けの崩し)

445 (1)(ラッキー+ドヒドイデへの崩し)

となることがほとんど。
基本的にはクワガノンとローブシンで削りつつ、頃合いを見てガブリアスで舞って全抜き。
ただし、vsカプ・ブルル入りの受けサイクルはガブリアスが通しづらいので、
727 (1)をクッションしながら道具を落として、クワガノンとローブシンでゆっくり倒していく。


・その他、ツンデツンデの通りが悪い時の選出

大体そういった場合は727 (1)のおにびの通りが良いことが多いので、

738 (1)or445 (1)(様子見に向いてるポケモン)

727 (1)(対ミミッキュ、ギルガルド、カミツルギ等&クッション)

184.pngor738 (1)or534.pngor445 (1)(どのポケモンに強くしたいかで柔軟に)

となる。
一つの例としては、「リザードンがいるのでガブリアスを出したいが、カプ・レヒレやゲッコウガもいるために、クワガノンで様子見しないと隙が生まれる」場合は、

738 (1)727 (1)445 (1)

という選出になる。

こういった選出をせざるを得ない場合、トリックルーム+エースというわかりやすい勝ち筋を用意できないという弱点を抱えることになるので、立ち回りはとても慎重に行かなければならない。


【苦手な構築】

基本的に立ち回り依存のため、苦手と感じる構築は多いが、特に辛いものを紹介。

・雨パ

特に「ペリッパー+ラグラージ」の構築が辛い。
ラグラージを倒す手段が基本的に184.pngのアクアブレイク(雨下で確1)orアクアジェット(雨下で確2)しかないため、消耗せずに大事にとっておかなければならない。
また、ペリッパーがきあいのタスキ持ちだった場合、

445 (1)の攻撃では落ちず、返しのれいとうビームで返り討ちにあって後々辛い
738 (1)から入る場合、とんぼがえり→ラグラージがちらつき、立ち回りが安定しない

等の理由で、どうやってペースをつかんでいけばいいのかわからない。

・カバルドン絡みの構築

とにかく805 (1)があっさり止まってしまうのが辛い。
それに加え、184.pngを出してもあくびで流されたり、だからといって534.pngだと、たとえカバルドンが防御特化していた場合に突破が不可能になるため、選出段階で見極めるしかない。

ちなみに
カバマンダガルド構築だった場合は727 (1)805 (1)534.png
カバリザ構築だった場合は445 (1)805 (1)534.png

の選出をすることが多い。
周りのポケモンによってはエースを184.pngに変更したりもする。



PTのQRも公開してるので、ぜひ使ってみてください。
たぶん使いづらいと思います。
https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-4F77-A599


【終わりに】

HarvestのKPは昔から歪んでいることが多かったが、それは今回も例外ではなく、ブロック内のKPがミミッキュ0、ガブリアス3、ツンデツンデ2と大変歪んでいました。
ミミッキュメタが不発に終わりましたが、らしいといえばらしいKPで安心しました。

このPTはまだまだ使い続ける予定ですが、特に書くしておく要素も無いので公開しました。
今シーズンのレートも頑張っていこうと思います。それでは!
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

マリオ

Author:マリオ
マリルリをこよなく愛するマリオと申します。
よろしければゆっくり見ていってくださいね!

ともだちコード(3DS):4957-2880-1818

【年齢】
20代

【ポケモンはいつから?】
初代からずっとやってます。

【お気に入りポケモン】
マリルリ
サーナイト
メガリザードンX
ホルード

【好きな特性】
プレッシャー
(有効打もPPなくなってしまえばこっちのモノ!)

【嫌いな特性】
○○スキン
(あの謎の威力補正は何ですかね)

【好きなポケモンプレイヤー】
ブーシャヤンスタパサーさん
(定数ダメおじさん)
かめさん
(ノオーカバアローの人)
パワッチョさん
(全抜きの人)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

気ままにポケモン日記

Buccinum′s territory

みちこのぽけもんにっき

自称『とりつかい』の日々。

遥か彼方 ~too late for chocolate?~

イカぽ弁当

霊パ怨念日記

Biscuit & Wafer

なわぱんだのポケモンブログ

にんじんはポケモンと歩む

ポケモン厨(o ゝω・)b

wake up したいブログ

ランターンは左上に添える

暴発クラッカー

ポケモンBW2 ♀統一 ランダム紀行 ヒナギクのブログ

ととののんきなポケモン日誌

よすブレロ

ガチ勢になりきれないシングルレートXY+パズドラ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ポケモンブログランキング
ポケモン・攻略ブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。